「RIZINの主役になってしまい、誠に申し訳ありませんでした」

 1月5日、自身のYouTubeチャンネルで皮肉たっぷりに謝罪してみせたのは、炎上系ユーチューバーのシバター。

「‘21年の大晦日に行われた格闘技イベント『RIZIN.33』に出場し、元K-1王者の久保優太選手と対決しました。試合は1ラウンドでシバターさんが関節技を決めて勝利しましたが、その後、久保選手サイドがツイッターで、シバターさんから“1ラウンド目は上手く時間を潰そう”という“八百長”の提案があったことを暴露。久保選手は嘘の提案に騙され、油断させられたことをアピールしていますが、そもそも八百長自体が許されるものではなく、事態は混沌を極めています」(スポーツ紙記者)

 騒動を受け、両者を『RIZIN』に推薦した格闘家で大人気ユーチューバーの朝倉未来も、自身のチャンネルで双方の落ち度を指摘しつつ「こんな形になってしまったので、責任感を感じています」と謝罪の念を明かした。

 リング外で思わぬ騒ぎが起きているが、大晦日の夜、そんなシバターや久保とは対照的に輝かしい形で注目を集めた19歳の若者がいる。

父・三浦知良譲りの一撃

これから、格闘技界の“キング”になれるように頑張ります!

『RIZIN.33』のリング上で高らかに宣言したのは、あのサッカー界の“キング”の息子。

「“キングカズ”の愛称で知られる元サッカー日本代表、三浦知良さんの次男・孝太さんが、格闘家としてデビュー。アマチュアの地下格闘技で活躍した経歴を持つ選手を相手に、見事1ラウンドでKO勝利を飾りました」(スポーツ紙記者)

父・三浦知良と並ぶ三浦孝太(孝太のインスタグラムより)

 特に話題となっているのが、フィニッシュの場面。

孝太選手は、積極的に前に出てくる相手を序盤から落ち着いてコントロール。相手のスタミナが切れてきたところに、すかさず“サッカーボールキック”(グラウンド状態の相手の頭部への蹴り)を繰り出し、そのまま追撃して試合を終わらせました。まさにお父さん譲りというか、見事な一撃でしたね」(同・スポーツ紙記者)

 試合終了のゴングとともに、孝太は観戦に来ていた両親のもとへ駆け寄り熱い抱擁。この日は第1試合を務めたが、会場は大舞台の幕開けにふさわしい盛り上がりを見せた。

 デビュー戦から抜群のスター性を発揮した孝太だが、昨年9月に出場が発表された際はまだまだ無名な若者。ネット上では《親の七光り》《客寄せパンダ》などと批判の声も上がっていた。