放送後には“品薄状態”

‘18年にはYOSHKIが食べていたおかきが品薄となったこともあるというが、はたして今回の反響は……!?

いちばん特定しやすかったのは、歌手の夏川りみさんもお気に入りだという、世田谷区にある『升本屋』のかりんとう。店主が手書きメッセージを施した“一筆かりんとう”が用意されていました。こちらは特注商品のため店頭では類似品しか買えませんが、放送後は通販も含めて品薄状態です」(グルメ誌ライター)

 番組では、かりんとうのパッケージに、YOSHIKIが五線譜を走り書きする一幕も。手元が映し出されたことで容易に商品が特定できたが、お煎餅は難易度が高かったという。

「葛飾区に本店を構える『富士見堂』のものです。都心の百貨店にも出店していますが、YOSHIKIさんが食べていたお煎餅は、本店限定。番組を見たファンが、連日来店しているといいます」(同・グルメ誌ライター)

そして、最後に手に取ったのは京都にある『京 八坂プリン』。悪戦苦闘しながらプリンの瓶蓋を開けたYOSHIKIが、幸せそうに食べる姿が「かわいい」とSNS上で話題になった。

京八坂プリン(HPより)

 同店の広報担当者に反響について聞くと、

ありがたいことに、お正月からてんやわんやしております。放送後、通販サイトのご注文数が通常の5倍ほどになりました。(テレビ局から)当店の商品を選んでいただくとの事前連絡をいただいていたわけではなかったため、製造が追いつかず、放送翌日から急遽お休みをいただきました

 来年はどんなお菓子が“YOSHIKI売れ”するのか、目が離せない!