《色々な意味でプレッシャー凄かったけど、みんなに喜んでもらえて良かった。出演者もそうだけど、この番組プロデューサーやスタッフも凄すぎる》

 元日恒例の『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)に出演したX JAPANのYOSHIKIは、自身のSNSでそう振り返った。

「ダウンタウンの浜田雅功さんが司会を務める『格付け』は、'08年以降、15年連続で元日に放送されている人気番組です。一流芸能人が、料理や芸術の“高級品”と“安物”を判断するクイズバラエティーで、幅広い年齢層が楽しめます」(スポーツ紙記者)

GACKTの代わりに格付けを牽引

 お正月の風物詩ともいえる同番組の平均視聴率は、毎年大台を越えている。

「'20年の21・2%、'21年の22・8%に続き、今年も20・1%を叩き出しました。番組で“連勝”を続けてきた歌手のGACKTさんが不在だったので、どうなることかと思いましたが……」(テレビ局関係者)

‘21年9月、体調不良を理由に活動を無期限休止とすると発表したGACKT。11月には『格付け』への出演を見合わせると報じられた。

「“格付けにGACKTさんはマスト”という意見が多く寄せられていたため、視聴者の番組離れを懸念していました。なんとか話題を作ろうと、“ビックボス”こと日本ハムファイターズの新庄剛志監督をキャスティングしました」(同・テレビ局関係者)

新庄剛志

 そんな新庄がSNSで《初めてでしたが、不思議と凄く気が合いました》と評したのが、YOSHIKI。

GACKTさんの相棒として過去に2度出演したことがありますが、今回は“チームYOSHIKI”として1人で参戦。見事、6つの難問を全問正解しました。活動中止期間中に不倫疑惑が報じられ、マイナスイメージが拭えないGACKTさんに代わり、『格付け』を引っ張っていく存在になるでしょう」(テレビ誌ライター)

 番組内での真摯な立ち回りも光った。

「100万円と5000円のワインを見分けた際には、“安物”の劣る点を指摘するどころか“素晴らしい”と賞賛。控室では、共演者に積極的に話しかける姿も見られ、オレ様キャラなGACKTさんとは違った謙虚な姿が印象的でした」(同・テレビ誌ライター)

 言動も“超一流”なYOSHIKIは、無類のお菓子好きという一面を持つ。

「番組内の控室には、YOSHIKIさんのために数種類のお菓子が用意されていて、それを爆食いするのも名物。お菓子の商品名は番組では公表されませんが、ネット上で即座に特定されるのが、恒例となっています」(ウェブライター)