一昨年、14年間を共に歩んだ俳優・川崎麻世との泥沼離婚劇に決着をつけたカイヤ。要求していた2000万円の損害賠償は認められず、元夫の主張が認められた形での“熟年離婚”となった。

《この裁判がどのような結果でも私は真実を追い求めます。(中略)私は今後DVに苦しむ被害者が前に進めるよう助けていきたいと思います》と意気軒高、控訴したカイヤ。

 現在テレビのレギュラーはショッピング番組でのMCのみだが、“彼氏9人”発言で話題を呼んだ強めキャラは健在。自身のインスタグラムでは、とにかくビキニ、ビキニ、ビキニ! ベッドの上でビキニ、階段の途中でビキニ、ビーチでビキニ……これでもかの水着姿のセクシー写真の大盤振る舞い。とはいえ、見せびらかしたくなるのも納得。引き締まった美ボディはハリがあり、20代でも通用しそう。

弾ける過激なトークが清々しい

 インスタでは、ウエイトトレーニングの様子も投稿されているので、日々の努力の賜物なのだろう。2020年には、スポーツジムで、自身の編み出したダイエットメソッドのパーソナルトレーナーも務めており、心と身体のセルフ・チューニングにたけているようだ。

「昨年、東洋医学と西洋医学のハイブリッド治療を行うシェフドクター、Dr.ピエールとタッグを組み、性依存症、不倫などのタブーに切り込むYouTubeチャンネルをスタートしました。世間の反響はともかく、内容は過激ですね」(芸能プロ関係者)

堂々たる美ボディは、加工のようには見えないカイヤ。これも日々のトレーニングの成果か。本人Instagramより

 川崎麻世との離婚前には“彼の性器を壊してしまった責任で離婚できない”という不思議発言をしていたカイヤだが、今やその責任感からも解放されたのだろうか。弾ける過激なトークはいっそ清々しく、彼女らしい。

 2年前、週刊女性取材班の突撃に応じ、自宅内に招き入れてくれたカイヤ。その際に、元夫・川崎麻世が殴って穴をあけたドアを見せてくれたが、そのドアの内側では“彼氏”たちと大人の関係を楽しんでいたのだろうか。自身のブログ『マジカイヤ』では、自作ポエムを公開している。

《他の人が何を言って(も)》と題された1日のポエムはこんなふうだ。

《今日そして毎日あなた自身を愛で扱ってください。他の人が何を言っても構いません。あなたから始めましょう》

 このポジティブシンキングがカイヤの美しさの源かもしれない。今年も“元気のない”日本にカツを入れる妖艶なビキニ写真を見せてほしい。