「中年男性の希望の星ですよね。いくつになっても諦めない勇気をもらいました」(40代、男性)

 漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2021」の王者に輝いたのは、50歳と43歳の“おじさん”コンビ・錦鯉(長谷川雅紀・渡辺隆)だった。昨年末のM-1を皮切りに、今テレビ界ではおじさんブームが来ていると、番組制作会社のディレクターが明かす。

「昨年まではお笑いは第7世代ブームでしたが、経験値が少ないから収録でヒヤヒヤすることもしばしば。われわれテレビマンが若手芸人さんを大切に育てられたらいいのですが、制作側も余裕がなく、結局安心して任せられる中堅・ベテランの芸人さんをキャスティングするようになっています」

 '21年のテレビ出演ランキングのトップはサンドウィッチマン、設楽統(バナナマン)、川島明(麒麟)、チョコレートプラネットとトップ5をおじさん芸人が占める結果に。一方で、長寿番組を降板する坂上忍(54)やビートたけし(75)などの“おじさん”も。

 今、世間に求められているのはどんなおじさんなのか。10代から60代までの男女1000人を対象に好きなおじさん、嫌いなおじさんをアンケート。愛されるおじさんと嫌われるおじさんの境界線を最後に解説します。

【2022年】好きなおじさんランキング

第1位 錦鯉(長谷川雅紀 50歳・渡辺隆 43歳)

錦鯉

「M-1のアナザーストーリーを見て涙が止まらなかった。どちらも苦労されていて他人の痛みがよくわかる大人だと思った」(30代、女性)、「20代、30代の芸人にバカにされても腐らずよく頑張った! 自分ももうひと花咲かせられるかもと思えた」(50代、男性)

 男女問わず多くの票を集めたのはコンビでランクインの錦鯉。コンビ結成時にはすでに40歳と33歳のおじさんだった。歴代最年長のM-1王者となったのだ。

「長谷川さんは錦鯉としては10年目ですが、芸人としてのキャリアは長く、ロンドンブーツやバナナマンとは同期。実力はあったのですがなかなか日の目を見ず、昨年まで2人共にアルバイトを辞められなかったといいます。渡辺さんはお母さんを交通事故で亡くされ、高齢の父親と2人暮らし。その様子が以前テレビ番組で放送されたこともあり、応援している視聴者は多かった。年末年始に思ったよりテレビに出ていないと感じた視聴者は多いと思いますが、それはもう若くはない2人の体調を慮った事務所やテレビ局側の配慮だといいます」(制作会社スタッフ)

 周囲の人からも愛される錦鯉。ますますの活躍が期待される。

第2位 松重豊(59歳)

松重豊

「美味しそうに食べるおじさんって最高」(20代、女性)、「所作がきれいだし、清潔感がある」(30代、女性)

 食べ方で得票を集めたのは『孤独のグルメ』(テレビ東京系)の井之頭五郎でおなじみの松重豊。『カムカムエヴリバディ』(NHK総合)の切られ役でも活躍している。

「松重さんは福岡出身で明治大学文学部文学科で演劇学を専攻し、東京サンシャインボーイズや蜷川スタジオを経た実力派。バイプレーヤーとしてドラマに起用され、'12年から始まった『孤独のグルメ』で連続テレビドラマ初主演にしてテレ東きってのヒット作を生み出しました。現在はシーズン9まで放送され、大みそかには特番が組まれるなど、グルメドラマの先駆けとなりました。これも松重さんの清潔感や出しゃばらない空気感が生んだ結果だといえます」(ドラマスタッフ)

 今年もいぶし銀の演技が光る。

第3位 阿部寛(57)

阿部寛

「この方のドラマにはずれなし」(40代、男性)、「たまにバラエティー番組に出演されているときに見る人柄がよさそう」(50代、女性)

 3位にランクインしたのは、現在放送中の日曜劇場『DCU』が好評の阿部寛。視聴者コメントにもあるとおり、阿部寛のドラマにはずれなしが定評になっているが。

「中央大学在学中に阿部さんは190㎝近い身長を生かしてメンズノンノのモデルとなりましたが、その後は鳴かず飛ばず。南野陽子さん主演の映画『はいからさんが通る』('87年)で伊集院忍(少尉)役をやったときは棒演技などと酷評されたものです。一時期は『あの人は今』の捜索対象になるなど不遇な時代を送りましたが、舞台などで実力をつけ『TRICK』('00年テレビ朝日系)で再ブレイクしました。まさに努力の人で業界関係者からの信頼も厚いです」(ドラマ制作スタッフ)

好きなおじさんランキング結果

 と、ここまで好きなおじさんを紹介したが嫌いなおじさんを見てみると─。