夫からモラハラやDVを受けているが、経済的な理由や子どものことで離婚はできない……。そんな女性のために、離婚せずにモラハラ対策を行う方法をレクチャーしているのが、「離婚しないモラハラ対策カウンセラー」のJoeさん。夫に対してだけでなく、会社の上司や親にも使える「Joeメソッド」を具体的に教えてもらった。

「愛より平和」をモットーに

 モラハラとは「モラルハラスメント」の略称で、道徳・倫理に反したいやがらせで相手を精神的に追い詰める行為を指す。そして夫からのモラハラに悩む女性が多いこともわかっているが、その救世主として知られるのが人気カウンセラーのJoeさんだ。

 Joeさんがモラハラ対策メソッドを考案したきっかけは何だったのだろうか。

「私は典型的なモラハラ家庭に生まれ、毎晩のように夫婦ゲンカを見ていました。冷静に、客観的にモラハラという精神的暴力の実態を見ているうちに、モラハラをする人の心理メカニズムが見抜けるようになり、同時に、被害者がどう反応すれば、モラハラをする人の攻撃欲や支配欲をそぎ落とせるのかもわかるようになったのです。

 その方法を周りでモラハラ被害に遭っている方たちにも実践していただくとうまくいき、いろんなケースへの対処法のデータを蓄積して、現在のJoeメソッドを確立することができました」(Joeさん、以下同)

『マンガでわかるあなたを傷つけるあの人からの攻撃がなくなる本』より

 Joeメソッドの特徴は、「愛より平和」をモットーに、離婚せずにモラハラに対処することだ。

「私のメソッドは弱者の戦略です。経済的理由や子どもの養育などが理由で、すぐに別れるのが難しい人も多いですし、モラハラを受けて精神的に弱ってしまい、闘うパワーが残っていない人も多いです。そんな人でもできるのがJoeメソッドで、簡単に言えば、相手に自分を見せないようにするのがポイントです

 モラハラする夫は、誰にでもモラハラするわけではなく、上司や友達にはしていない。つまり、支配できそうな人を選んでモラハラをしているのだ。

「モラハラを受けやすいタイプは、いつも相手の機嫌をとろうとしてしまい、優しさを自分にも他者にも求め、誠実で、頑張ればいつか認めてもらえると信じています。夫に怒鳴られてもとっさに言い返せなかったり、自分が悪いと思ってしまうと、モラハラ体質の夫からは“支配できる人間だ”とみなされ、服従しなければ攻撃され、モラハラがエスカレートしていくのです。

 夫の支配から離れるためには、ふだんから相手への言葉や反応を減らし、『何を考えているのかわからない人』になること。怒る、泣く、大笑いする、落ち込むといった自分の感情を見せないようにすると、あなたが弱いのか強いのかわからなくなり、モラハラ体質の人からは不気味な存在となります

 Joeメソッドは力でねじ伏せるのではなく、相手から攻撃されない心の距離を探すことでもある。

「別居や離婚も距離をとる方法ですが、一緒に暮らしながら心の距離をとるには、反応を減らし、接点を減らし、冷めたオーラを出し続けることです。早い人なら実践してすぐに、夫からのモラハラがなくなります」

 しかし、これは夫が変わったわけではない。

「モラハラ体質の人は変わることはなく、支配できる相手を見つけるとまた攻撃を開始します。夫にちょっと優しくされたからと、メソッドをやめてしまうと、また夫からのモラハラが始まるでしょう。また、依存体質の人や、孤独感に耐えられない人、服従することがいいことだと思っている人は、メソッドを継続できない可能性があり、万人が成功するわけではありません」

 子どもが物心ついた年齢の場合も、注意が必要だ。

「モラハラ夫に対する態度は、子どもには絶対にしてはいけません。子どもには明るくわかりやすいリアクションを心がけてください。ただし、子どもへの態度=本当の妻の態度だと、夫に悟られないよう、『子どもの教育のために、ふだんの自分とは違う、明るい態度をとっているんだ』というスタンスを夫に示してください」