'80年~'90年代に霊能者として、一躍お茶の間の人気者になった宜保愛子さん。その宜保さんが今また話題を集めている。

「木村拓哉の次女のKoki,さんが映画に初主演するのですが、その舞台となった富山県の坪野鉱泉は“あの宜保愛子さんも潜入を拒否した心霊スポット”としてキャッチコピーに使われています。そのため、『牛首村』の話題とともに宜保愛子さんが検索ワードにあがっているんです」(スポーツ紙記者)

 '03年に亡くなって約20年を経て再び注目される宜保さんの伝説とは?

霊視がきっかけでビートたけしは酒をやめた

 1991年にバラエティー番組『たけしの頭の良くなるテレビ』でビートたけしと共演した際、突如たけしの守護霊である和服姿の老女が見えたという宜保さん。さらに守護霊が見えた後、たけしの顔や目が黄色に染まったのを見たという。

 この守護霊はたけしの母方の祖母であり、たけしが芸達者なのは、若いころに義太夫語りの花形スターだったこの祖母ゆずりだと言われている。すると守護霊は宜保さんに「この子にお酒とタバコをやめさせてしまわないと命までなくなります」と頼んできたそうだ。宜保さんはたけしに守護霊の女性の着ている着物の柄を伝えて、口調も似せて「お酒とタバコをやめなさい。このままの状態を続けると命が危ないかもしれませんよ」と伝えたところ、たけしは「間違いない、うちのおばあちゃんだ」と忠告に真剣に耳を傾けたという。このころのたけしは長年の飲酒と喫煙、多忙による睡眠不足で胃と肝臓がボロボロ状態だったが、これ以後タバコと酒をきっぱりやめたという。

1994年9月、バイク事故からの退院会見に臨んだビートたけし。報道陣におどけるも…

 1994年のバイク事故でケガを負ったものの重傷は免れ九死に一生を得た。2021年にはつるはしを手にした男に襲われる事件でケガを負うなどしたが軽傷ですんだ。今も祖母の守護霊がしっかりと守っているのかもしれない。

 宜保愛子の霊視に魅せられたのはビートたけしだけではない。

黒柳徹子さんは自らの番組に宜保さんをゲストに呼び、霊視について興味津々で話が盛り上がりました。ほかにも陸上のカール・ルイスといった外国人スポーツ選手まで、多くのスターが宜保さんの霊視を希望したんです。みなさん口をそろえて“どうしてそんなことまで知っているの?”と言うんです。事前にリサーチのしようがない情報をピタッと当てますから」(テレビ局関係者)

“霊界の宣伝マン”の丹波哲郎も「宜保さんの霊視能力は本当に素晴らしい」と肯定している。

 1988年から始まった『女性自身』の連載「宜保愛子のスター心霊対談」の第1回では、ゲストの林寛子の守護霊は父親で、ソバ好きであると語って林を驚かせた。林は「どこのタレント名鑑で調べたって私の父親の好物までは当てられないでしょ」と発言している。