「古典の魅力を尊重して“これが見たかったんだよ!”という期待に応えたい」

 2月14日、市川海老蔵は18日から始まる『六本木歌舞伎2022 ハナゾチル』への抱負をこのように語った。

「六本木歌舞伎は“新しい歌舞伎”をテーマに'15年から始まった海老蔵さん主催の歌舞伎興行。伝統にとらわれない斬新な舞台作りが話題を呼んでいます」(演劇ライター)

 今年初めにも、キングコングの西野亮廣が手がけた絵本『えんとつ町のプペル』を歌舞伎化するなど、新作の上演に積極的な海老蔵。しかし、彼の最近の動きに苦言を呈する声も聞こえてくる。

海老蔵さんは新作ばかりに力を入れて、伝統芸を磨いていこうという姿勢が見受けられません。先代の名跡を受け継ぐ以上、より自覚を持ってほしいです」(梨園関係者)

襲名披露公演は“30億円興行”

 手厳しい意見だが、海老蔵に求められる責任はそれほどまでに大きい。

海老蔵さんが率いる『成田屋』は現在の歌舞伎の基礎を成立させた初代・市川團十郎の名を受け継ぐ名門中の名門。その格式の高さから “宗家”と称されるほどです。本来であれば、彼はすでに團十郎の名を襲名しているはずなのに……」(同・梨園関係者)

 彼が息子の堀越勸玄くんと“市川團十郎・市川新之助ダブル襲名”を発表したのが、'19年1月のことだった。

『十三代目市川團十郎白猿襲名披露狂言八代目市川新之助舞台狂言』発表会見('20年2月) 挙手をした報道陣に、質問を促す海老蔵&勸玄くんが思わずシンクロ。そんな仕草まで一緒とはびっくり!

「予定では、'20年5月に“十三代目市川團十郎白猿襲名披露”を行うはずでしたが、'20年に入って流行した新型コロナウイルスにより開催の1か月前に延期を発表。現在に至るまで再開のめどは立っていません」(スポーツ紙記者)

 想定外の出来事に予定を狂わされたのは、歌舞伎興行を取り仕切る松竹も同様だ。

「松竹にとって襲名披露公演は社運を賭けた一大行事。'85年に行われた十二代目の公演は日本中が注目し、松竹は大盛況。“30億円興行”と言われるほどでした」(前出・演劇ライター)

 当然、海老蔵の襲名披露にも力が入っていた。

襲名には昨年亡くなった中村吉右衛門さんをはじめ、名だたる大御所が、海老蔵さんを立てるため脇に回るという豪華な舞台を予定していました。興行収益は先代の30億円は優に超えたでしょう」(前出・スポーツ紙記者)