軽症と報じられていたオミクロン株だが重症者数は増え続け、1日あたりの死亡者数がデルタ株を超えまだまだ感染防止の手を緩めることはできない状況。日常のなかで「感染しそう」と不安になるシーンは多々ある。密になったとき、飛沫が飛んできそうなときなど不安になるシーンについて、緊急アンケートを実施。各シーンについて感染の可能性を医師に聞いた。

 オミクロン株の感染爆発は止まらず、2月15日には死亡者数が過去最多の235人となった。保健所もほぼパンク状態となり、感染経路も追えなくなっているなか、いつどこで自分が感染してしまうのか、不安はますます大きくなっているのが現状だ。

「オミクロン株は感染力が強く、無症状または風邪の症状に似ていることもあり、感染に気づかなかったり、いつのまにか感染していたりというケースも多いです」

 そう語るのは『豊洲 はるそらファミリークリニック』の院長・土屋裕先生。今回は全国600人を対象にしたアンケートで挙がった「感染しそう!?」とヒヤッとした場面について、感染リスクや対応策を教えてもらった。

緊急アンケート
「感染しそう」と思った瞬間

 全国の30〜60代の男女600人を対象に、新型コロナに感染しそうだと思った瞬間についてのアンケートを2月14日に実施(複数回答可)。やはり「3密」と「飛沫」にまつわるシーンで不安を感じる人が多いという結果に。

1位 飲食店でほかのグループの話し声が大きいとき 251人

2位 人がマスクを下げて話しかけてきたとき 248人

3位 満員電車で大きな声で会話している人がいたとき 229人

4位 狭いエレベーター内で会話している人を見たとき 210人

5位 病院に行ったとき 207人

6位 公共のトイレや洗面所を使うとき 142人

7位 道を歩いていて、ノーマスクの人とすれ違ったとき 132人

8位 職場や学校で、あなたのそばで人が食事をしているとき 71人

9位 美容院で美容師と客が会話しているとき 59人

10位 電車やバスのつり革につかまるとき 53人