いくら時間があっても足りない、豪華宿

ロビーには、輪島塗の大パネルが 撮影/山田智絵
【写真】113年前、天皇が実際にお座りになった座布団

 同じく和倉温泉にある『加賀屋』。館内には、いたるところに美術品や伝統品が飾られ、館内を見て歩いているだけでも時間があっという間に過ぎてしまう。ロビーには、輪島塗の大パネルや、同じく輪島塗で仕立てられたグランドピアノなども。

こちらも輪島塗で仕立てられたグランドピアノ 撮影/山田智絵

 また、12階まで続く、季節の花々が描かれた加賀友禅は圧巻! その柄にスポットライトを当てながら、エレベーターが登っていく。

こちらが12階まで続く加賀友禅 撮影/山田智絵

 温泉も豊富で、「野天風呂」「空中露天風呂」「大浴場」……など、心ゆくまで温泉巡りが楽しめる。実はここ和倉温泉には1200年という歴史があるのだそう。大海原を目の前にしてつかる温泉は、なんとも贅沢な時間でした。

 夕食はズワイ蟹のほか、前菜には「なまこ三種盛り」、加賀麩などと一緒に炊き合わせた「のど黒煮付け」「鮑温泉蒸し」「能登牛」……など、旬のものや地元の食材をふんだんに盛り込んだ料理がズラリ。

季節感に溢れた、加賀屋での夕食 撮影/山田智絵

 館内には、さまざまなショーが楽しめるシアタークラブ(現在、コロナウイルスの影響により休止中)や、数々の土産処があり、吹き抜け中央に位置するBarに、湯巡り……と、いくら時間があっても足りません(涙)。

加賀屋の中にあるバーは雰囲気も◎。館内だけでも十分に楽しめる 撮影/山田智絵

 そして『加賀屋』といえば、やっぱりすごかったのが「おもてなし」。お出迎えから館内・部屋・食事の案内、そしてお見送りまで、最後の最後まで心のこもったおもてなしに、感激でした。

『加賀屋』
加賀屋予約センター:0767-62-4111
住所:七尾市和倉町ヨ部80番地
アクセス:和倉温泉駅から無料送迎バスあり