「入ってこないで!」

「帰って!」

 カギのかかった室内から、ものすごい剣幕で娘に怒鳴られ、一刻も早く搬送したい救急隊もなす術がなかったという。

 同居する62歳母親を救急搬送させないよう自宅に監禁したとして滋賀県警近江八幡署は2月20日、娘で無職の岡本奈々容疑者(36)を監禁の疑いで逮捕した。

母親の救急搬送を激しく拒んだ娘

 発端は同19日午後5時45分ごろ、「息が苦しい」と母親が自ら119番通報した。救急隊が駆けつけると、奈々容疑者が冒頭のように激しく救急搬送を拒んだため、警察と同行して再度説得。しかし、カギは開けてもらえず、一刻を争う危険性もあるため最後は勝手口の窓ガラスを割って室内に入り、同7時すぎに母親を救急搬送した。

 母親は病院で死亡が確認された。

「救急車のほかパトカーまで来て、何事かと思った。警察も救急隊も“病院に連れていってあげよう”などと懸命に説得していたが、興奮した娘さんの怒鳴り声が響くばかり。室内に入ると、娘さんは包丁を持って立っていたらしい」(近所の住民)

 なぜ母親の救急搬送を拒んだのか、という核心に迫る前に母娘の暮らしを振り返る。

 地元関係者の話。

「奈々さんのお母さんはスレンダーなべっぴんさんで、社会人時代に知り合ったガッチリ体型の夫と手をつないで散歩するなどラブラブ。周囲に冷やかされることもあった。奈々さんは3人きょうだいの末っ子にあたる」

 近隣住民らによると、共働きで子育てしていた両親は約25年前、仕事を辞め土地を購入して居酒屋をオープン。L字型のカウンターに座敷席もあり、常連客もついたが繁盛しているとは言いがたい状況だったという。

「生活のため副業もこなすなど精力的に働いていましたよ。ところが約15年前、父親のタバコの不始末による失火で転居前の自宅が全焼。父親は脳梗塞で計3回倒れ、母親はその世話に追われるなど居酒屋どころではなくなっていった。新型コロナウィルス感染拡大の以前から、もうここ何年も営業していないようでした」

 と事情を知る住民。

 父親はやがて寝たきりになり、一昨年末に逝去。母親ははた目にも意気消沈して見えたという。上の子どもはすでに自立しており、昨年から母親と奈々容疑者だけが店舗兼住宅で暮らすようになった。