3月6日、ピン芸人のナンバーワンを決める『R―1グランプリ2022』(フジテレビ系)が行われ、決勝初進出のお見送り芸人しんいちが第20代王者に輝いた。

「ぺこぱのブレイク以降、お笑い業界では“人を傷つけない笑い”が主流になりましたが、しんいちさんは“M-1グランプリの1回戦でスベっている小学生コンビ好き〜”と、好きと言いつつも毒が効いたネタです。過去には、番組で女性アナウンサーを皮肉るようなネタを披露し、失礼すぎると炎上したこともあるほど」(お笑いライター)

 王者という栄冠を手にしたしんいちだが、これまでの芸人生活は決して順風満帆なものではなかった。

「大阪の松竹芸能に所属し、2009年に『しんいちけんぢ』というコンビでデビューしました。2011年のコンビ解散後、ピン芸人に転身するも上手くいかなかったようで1度引退。2年半後に再び活動を再開しましたが、事務所所属のためのオーディションになかなか受からない日々が続いたそうです。ようやく受かったのが当時、サンドウィッチマン以外は誰も売れていなかったグレープカンパニーでした」(同・お笑いライター)

事務所をクビ寸前だったしんいち

 拾ってくれた事務所では、クビ寸前になるほどの劣等生だったという。

「事務所主催のライブでも10か月連続で最下位になり、契約解除寸前に。そんな彼を救ったのが、現在も担当する女性マネージャーのAさんでした。彼女が“クビにするのは、もう少し様子を見てからでもいいのでは?”と会社にお願いしたことで、契約解除を免れたんです。その後、サンドウィッチマン富澤さんの助言を受け、ギター片手に歌う芸風になったことで注目を集めるようになりました」(放送作家)

 Aさんは、業界では敏腕マネージャーとして知られる人物だ。

「サンドウィッチマンの初代マネージャーを務め、今でも2人は全幅の信頼を寄せていますね。その後は永野さんやカミナリを担当し、担当した芸人が次々にブレイクしているんですよ。“あの人が担当して売れないなら、芸人のほうに実力か運がない”と言われるぐらい、業界でも評判がいい人物です」(テレビ局関係者)