《忘れていませんでしたよ。お待たせしました!!》

 日本時間の3月11日、ロサンゼルス・エンゼルスが公式ツイッターに、笑顔の大谷翔平が映った動画を投稿。

「メジャーリーグでは、選手の年俸や試合のルールを改定する“労使協定”をめぐって、リーグ機構と選手会が対立。交渉が難航したことで新シーズンの開幕が延期される事態となっていましたが、11日に急転、合意を迎えました」(スポーツ紙記者)

 エンゼルスの開幕戦は4月8日に決定。延期に伴い試合数が削減される可能性もあったが、従来どおり162試合が行われる運びに。これは、大谷のキャリアに大きく関わるという。

試合数の減少に伴って、FA(フリーエージェント)権の取得に必要なシーズン中の登録日数を満たすことが、難しくなってしまうおそれがあったんです。大谷選手は順調にいけば2023年のオフに取得可能となる予定ですが、引き続き交渉がもつれていたら、翌2024年に遅れてしまっていたかもしれません」(同・スポーツ紙記者)

FA取得の頃には30歳を迎えている

 現在27歳の大谷は、2024年のオフには30歳に。30歳以上の選手との大型契約を敬遠する傾向にある大リーグにおいては、1年の遅れが大谷の足かせになることも考えられた。

 しかし、スポーツライターの梅田香子さんによると、仮に大谷がそんな事態に陥っていたとしても、対策が講じられていただろうとのこと。

「野茂英雄さんが渡米した1995年は、前年から続いていた選手会によるストライキの影響で試合数が削減されましたが、日数にかかわらず1年分の登録を認める特別措置がとられました。今回も、もし日数が削減されていても同様の“特例”が認められていたでしょう」

 さらに、プレーの面でも期待できることが。

一般的に投手より打者のほうが、個人での調整が難しいようです。開幕が遅れた1995年は、継投も含めてノーヒットノーランが9試合もありました。“投手”大谷選手にとっては昨年以上の好成績を残す大チャンスです。また、今季からア・リーグとナ・リーグの両方でDH(指名打者)制がとられるため、打席数が増えることで“打者”としてもさらなる活躍が期待できます」(梅田さん)