ナジャ・グランディーバ(47)といえば、マツコ・デラックスやミッツ・マングローブのお仲間として、彗星のごとく現れたドラァグクイーンでタレントのひとり。関西を中心に、切れのいい軽快なトークでファンを増やしている。

 そんな彼女が、初めてのエッセイ『毎日ザレゴト』を3月24日に発売する。本の中で、“60%ぐらいで淡々と生きてる”と語っているが、生き馬の目を抜くような芸能界やオネエ業界においては意外なイメージ。メイクの奥の“素顔”を知るべくご本人を直撃してみた――。

「私たちゲイって、テンション高いと思われがちだけど、私なんて“テンション高いときあるの?”って聞かれるぐらい、いつものんびり。60%ぐらいで過ごしてるの。根底にあるのが“頑張るのが面倒くさい”って気持ちだから。いわゆることなかれ主義で、何に対してもあんまり関わりたくないっていう距離感を保ってきた結果、そうなった感じやね」

 それは、もともとの性格に由来する。

子どもの頃からずっと、通信簿に“もっと欲をだして頑張りなさい”って先生に書かれてたの。小さい頃はみんなと違う仕草やしゃべり方で、いじられたりとかはあったけど、スルーできてたというか。そういうのを受け止めるフィルターっていうかザルの網目がすっごい大きかった気がする。

 “こうなりたい”なんて欲もないし、人にどう思われてもあんまり気にならない。人と比較することもしない。欲がないぶん、思い通りにいかなくて悩んだりもしないし、人は人、自分は自分って思うほうがラクやねんな」

幸せも6割でいい

ナジャの本には撮りおろしのグラビア写真も多数収録。写真は、脚が細く見えるように工夫して撮ったお気に入りの1枚

「贅沢するわけじゃないけど、食べたいものは食べられるし、誘ってくれる友達も3~4人はおるし、いちばん好きでドハマリしていた女装が仕事になってるし……。今のところ幸せだなと感じられてるから、まぁそれでいいかなと。そこも欲がないんですよ。

 100%の幸せを知ってしまうと、そこから6割になったら、“あの頃は良かったな”って思いにとらわれるし、幸せって、思ったもん勝ち、みたいなところがあると思う」

 満点を目指さずに生きるからこそ、毎日そこそこ幸せで、大きく悩むこともない。“欲”は必要だけれど、欲張りすぎずバランスが大事と語る。芸能界にも流れに身を任せていたら行きついた。

「もともとテレビに出たいとか、有名になりたいなんて思ってなかったのよ。よくわからないうちにとんとん拍子に行きついた感じね。そんなんだから、最初から前に出ようとか視聴者に覚えてもらおうって気もなくて。

 ただね、生放送で“こう言えばよかった”とか番組が終わってから反省はするんですよ。ちっちゃい落ち込みやクヨクヨは毎日するし、それは普通の人よりムダに多いかも」