フジテレビ系で現在放送中の連続ドラマ『准教授・高槻彰良の推察Season2』で主演を務めているHey!Say!JUMP・伊野尾慧。同局の情報番組『めざましテレビ』では木曜パーソナリティを務めるなど、個人でもさまざまな仕事を任されているが、3月17日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、不適切な行動が報じられてしまった。

2回目の感染でツアーが中止に

 世間では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京都を含め複数の地域でまん延防止等重点措置が実施されている。だが「文春」によると、伊野尾は同期間中の今月6日、都内の焼肉店で2人の女性(A子さん、B子さん)と食事した後、深夜2時半頃までカラオケ店に滞在したそう。

 さらに、A子さんの自宅マンションに入れてもらえなかった伊野尾が、酔ったテンションで走り回る様子や、B子さんのマンションにも行った挙句、自宅に戻ったのは朝4時だったことなども伝えられた。

「伊野尾が所属するジャニーズ事務所は、2020年に新型コロナが問題視されるようになってすぐ、感染拡大防止を支援する取り組みを実施。社会貢献などを目的とする『Johnny's Smile Up! Project』の一環として結成されたTwenty★TwentyにはHey!Say!JUMPも含まれ、チャリティーソング『smile』に参加していました。

 また、伊野尾は『めざましテレビ』の出演者としても、感染対策を呼びかける立場ですが、昨年8月と、今年1月にも自身が感染。2回目はHey!Say!JUMPが“2年ぶりの有観客ツアー”を行っていた最中で、伊野尾のほかに知念侑李も感染し、北海道と埼玉の公演が中止となりました。もちろん、彼らが感染したこと自体を責める声はなかったものの、今回『文春』が報じた伊野尾の行動には、業界内外から批判が噴出しています」(スポーツ紙記者)