「何度も同じことやってたんだな、そういう印象ですね。ましてやコロナを利用して……」

 そう話すのはお笑いイベントを多数手掛ける芸能プロの関係者。話の登場人物はここ数年幾度もの“ハラスメント”が報じられ続けてきたあの人物……。

 TKOの木下隆行。相方である木本武宏は松竹芸能所属。木下は現在はフリーであり、『TKO』は有名無実化している。

後輩にペットボトル投げつけ、クロちゃんの顔を革靴で…

「最初に報じられたハラスメントは、'18年末のこと。事務所の先輩芸人である『よゐこ』の濱口優さんの結婚パーティーに出席した木下さんは、“濱口さんに渡す”と後輩から集めた会費を着服したと報じられました。

 さらに、その疑惑をライブの舞台上で問いただした後輩芸人に対し木下さんが激怒し、ライブ後の楽屋でその後輩芸人の顔めがけてペットボトルを投げつけたことも報じられました。後に木下さんはこの件について、“集めたお金を預かっとくわ”と言ったのが、普段の行いもあって、“ネコババしたんちゃうかというネタになった”と語っていました」(スポーツ紙記者、以下同)

 ハラスメントは続く。

「'19年10月には今では引っ張りだこの人気芸人、『安田大サーカス』のクロちゃんへの暴行が報じられました。数年前の出来事とのことでしたが、“後輩のクロちゃんが木下をイジる”というドッキリ番組でイジられたことに激怒した木下さんが、クロちゃんに対し土下座を要求し、そのうえ革靴で顔を踏みつけたと……」

 これでは終わらない。

 『週刊女性PRIME』も木下のハラスメントを報じている。'19年11月のことだ。木下が自身が立ち上げた洋服ブランド『BUCCA 44』の展示会での出来事だ。

 付き合いのある芸人たちが顔を出してくれたのだが、お金に余裕のない後輩芸人が買わずに展示会を後にすると、“あれ? 何も買わへんの? ウソやろ?”などと迫られるのだ。先輩から後輩にこのように迫るとは、“押し売りパワハラ”である。押し売りについての直撃に木下は当時、次のように答えている。

「じゃあ、来ないでええと俺は思ってて。半額なんですよ! それを高いととるか、“ありがとうございます!”ってとるかは、人それぞれの感覚で。後輩はたしかにお金ない。ほんなら買わなくてもいいし。

 半額で買えて、衣装やったら、あの……どうとるかなんですよ。俺が正規の値段で“買わへんの?”って言うのは怖いことやし、俺はアカンことやと思うけど、半額にしてるから。“買わへんの”とか……言わないけど、何も悪くないよね。悪くないというか、ケチじゃないよね。半額やから。

 これ、どうですか? 友達が半額で売ってくれたらうれしいよね? 誰が言うたとか、犯人探しとかやめとこ思てるけど、う〜ん、それはない話です」

 木下は後に久々のテレビ出演となった『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、上記のパワハラ疑惑をすべて認めている。