『NHK紅白歌合戦』には21回出場、演歌歌手として不動のキャリアを築いてきた藤あや子。

 4月15日に発売された写真集『FUJI AYAKO』では、還暦にして初のビキニ姿を公開した。その引き締まった抜群のスタイルに、絶賛の声が寄せられている。

この年で脱ぐなんて、周囲にはどう思われるだろうってドキドキでした。“何目指してんの?”なんて言われそうじゃない。今も恥ずかしくて、まともに写真を見られないの」(藤あや子、以下同)

 友人の坂本冬美からは、雑誌に出た翌日に絵文字だらけのメールが来た。

「“めちゃくちゃいいね!!”って。うれしかったな」

 当初、フォトエッセイを作る予定で行われていた撮影だったが……、

「スタッフの間で“これは写真集にしないともったいない”なんて声が上がったんです。私は最初“写真集なんてありえないでしょ。ましてや水着なんて……”って思っていたんだけど、結局、カメラマンの浅井(佳代子)さんが素晴らしくて!」

 以前、『週刊現代』でのグラビアで撮影を担当した浅井さんの腕にほれ込んだ藤。

「こんなふうに素敵に女性を撮れる方がいるのかと。彼女に『可愛い』『いいね』と声をかけてもらいながら、女性スタッフだけで撮影しました。男子禁制の現場でしたよ」

40代から体力の衰えを感じて

 自宅ではスッピン派の藤。美肌だが、スキンケアで続けているのはクレンジング後に美容液を浸透させる“蒸しタオル美容法”ぐらいだ。実は努力という言葉もあまり好きではないそう。

シャドーボクシングでシェイプアップを図る藤あや子(本人インスタグラムより)

べつに写真集のために身体を鍛えたわけじゃないんです。昔はお酒も大好き、おいしいものをたらふく食べてって生活でした。それが40代のころから筋力や体力の衰えを感じて、このまま年をとってしまうのかなって……

 だがそのまま行動できず、10年前にようやくヨガに目覚めた。そこからピラティスをスタート、2年半前からはキックボクシングも始めた。

「自分の背中の写真を見て驚いたの。“私こんなバキバキの背中なの?”って。これ、キックボクシングの成果だと思う」