4月18日に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)での演出をめぐって、またもやネット上で物議を醸している。

『月曜から夜ふかし』といえば、佐藤賢治がナレーションをするVTRを鑑賞しながら、関ジャニ∞の村上信五とマツコ・デラックスがスタジオでトークを繰り広げる人気番組。主にVTRに登場するのは全国各地の一般人で、時に個性が強い“素人”にクローズアップしては面白おかしく“イジる”番組でもある。

 そのためか、番組での演出方法が問題視されることも多々あった。週刊女性PRIMEでも2019年11月、【『月曜から夜ふかし』の“名物素人”が怒りの告発! スタッフから受けてきた「悪意の数々」】として、番組に出演した男性とスタッフの間に起きた、演出をめぐるトラブルを報じている。

「他にも番組ディレクターやスタッフによる、企業、また一般人への失礼な態度や取材方が目につき、ネット上で炎上することもしばしば。それが面白くさるためにワザと、つまりは“炎上狙いではないか”との指摘もなされるほどで、村上さんやマツコさんがV(TR)を見て、“やりすぎ”と苦言を呈することもありました」(ウェブニュース・ライター)

“埼玉愛”を作文にした少女が登場

 そんな『月曜から』が、またもザワつかせているというわけだ。

 この日の放送では「全国ご当地問題 埼玉編」として、“旧大宮市vs旧浦和市”などのご当地ネタを一般人の街頭インタビューと共に紹介。2019年に映画化されて大ヒットした『翔んで埼玉』も、かつて原作を『月曜から』が取り上げたことで火をつけた経緯がある。番組にとって、埼玉ネタは笑いを生む“鉄板”なのだろう。

 そしてコーナーを締めくくるべく、最後に登場したのが“埼玉愛に溢れる少女を発見”として紹介された11歳の少女

 なんでも、2021年9月に募集された【埼玉150周年記念小中学生未来予想コンクール】にて、「わたしが想像する未来の埼玉」をテーマに書いた作文が入賞。“異彩を放っていた”という少女の作文が番組スタッフの目に止まり、用意された舞台で朗読することに。