国民的グループ・SMAPが解散してから丸5年が経過した――。

伝説的人気番組『SMAP×SMAP』の裏側

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

 稲垣吾郎(48)、草なぎ剛(47)、香取慎吾(45)はジャニーズ事務所を退所して新しい地図として活動を続けている。

 中居正広(49)も2020年3月末をもって事務所を退所し、個人事務所「のんびりなかい」を設立。退所後もジャニーズとは良好な関係を保っている。

 ジャニーズ事務所に唯一残留している木村拓哉(49)は、主演ドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)が好評を博しており、“キムタク人気”はいまだに健在だ。

SMAP解散騒動が取り沙汰された際、関係者やファンの間で大きな波紋を広げたのが『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での“公開謝罪”でしたよね。あの裏側と、『スマスマ』ラストの1年、そして最終回について、構成作家陣の中心にいた鈴木おさむ氏(49)が語ったんです」(女性誌編集者)

 鈴木氏は、フリーディレクターの三谷三四郎氏による人気YouTubeチャンネル『街録ch~あなたの人生、教えてください~』が4月19日までにアップした動画に出演。自身のキャリアや『スマスマ』について赤裸々に語った。

『スマスマ』が終わると知らされたときについて鈴木氏は、「番組が終わるっていうよりかは、あれは解散。『SMAP×SMAP』が終わるというよりも、SMAPの解散が先に立ってたじゃない」とし「だから『スマスマ』が終わるというよりも、SMAPが解散するっていうのが(2016年)8月に発表になって、当然、解散したら番組はなくなるだろうって思うわけじゃん」と振り返った。

 2016年1月、番組内で5人のメンバーが解散騒動を謝罪したことに対しては「番組が終わる終わらないよりも、あの年の1月に5人で謝罪するみたいな放送があったじゃない? あれを放送してしまったというか。自分が構成のトップに立って、あの日の悔しさっていうか。俺、あの日の夜、飲みに行ったんだけど、悔しすぎて、1人で」と後悔の念を口にした。