「5作目の時代劇でしたが、バウのようなキャラクターを演じるのは初めて。僕にとっても挑戦でした」

 と、韓国ロマンス史劇『ポッサム~愛と運命を盗んだ男~』に主演したチョン・イル。これまで、『ヘチ 王座への道』( '19年)や『夜警日誌』( '14年)、『太陽を抱く月』( '12年)などの大人気時代劇作品に出演してきた彼が、「いままで出演したどの時代劇よりも周囲の反応がよかった」と語る今作。

“恋愛ドラマは無敵”

「“家族と一緒に楽しく見ました” “幸せな時間を過ごせました”と言われて、とてもうれしかったです。『ポッサム~』は、温かみのある作品。そういう部分が愛されたのでしょう。

 それから、僕は“恋愛ドラマは無敵”だと思っています。監督は、恋愛をとても美しく描きました。切なく余韻のある愛を演出してくださったので、それが人気を呼んだのだと思います」

チョン・イル

 歴史資料も少なく、これまで取り上げられてこなかった朝鮮時代の風習“ポッサム”をテーマにしたドラマ。

 チョン・イルが演じる息子を持つ父親でアウトローのバウは、再婚が禁止されていた時代に寡婦を布で包み(包む=ポッサム)、誘拐を装うかたちで再婚を実現させる高額報酬の“ポッサム”の依頼を引き受け、人違いのファイン翁主スギョン(クォン・ユリ/少女時代)をさらってしまう。

 実は、家門の没落により隠れて生きていたバウ。居場所を失ったスギョンを助けることをきっかけに両班の地位に返り咲き、国の運命を変えていく。

「僕自身は内向的な性格なので、序盤のバウと似ている点は多くないと思います。でも、僕は、感情を率直に表現するタイプでもあるので、その部分は似ているかもしれません。

 バウのように思いっきり行動できたらいいなと常々思っているので、演じることでストレス解消できましたし、存分に悪口も言えて楽しかったです(笑)」

 これまでのイメージになかった、ヒゲをたくわえた役に初めて挑戦した。

「僕は、あまり(ヒゲが)生えないんですよ(笑)。バウにヒゲが必要か、どんなヒゲにするか監督と何度も議論を重ねました。結果的に、ヒゲはバウの魅力を描く要素になりましたね。だから、ヒゲ面にしなかったら後悔していたと思います。見どころの多いドラマで、男女の主人公が運命を切り開いていく物語。本当に楽しく撮影ができたので、そんな僕の気持ちがみなさんに伝わってほしいと心から願っています」

オフの日には何をしている?

 今はゴルフに夢中です!ひとりで楽しめる運動なので、すごくハマっています。日に3時間近く、ひとりでゴルフの練習場にいることもあるんですよ。没頭していると頭も冴えるし、運動にもなるので楽しんでやっています。いつか日本でもゴルフを楽しみたいですね。本当に、最近はゴルフばかりしているんです(笑)。

『ポッサム~愛と運命を盗んだ男~』
(C)2021MBN.AllRightsReserved

『ポッサム~愛と運命を盗んだ男~』

DVD-SET1(20900円)&レンタルDVD(Vol.1~6)リリース中、DVD-SET2(20900円)&レンタルDVD(Vol.7~13)5月11日リリース、レンタルDVD(Vol.14~20)6月3日リリース。
DVD-SETには、70分特典映像収録。
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
U-NEXTにて独占先行配信中