コロナ禍によるおうち時間の増加で、“料理男子”が増えているという。SNSをのぞいてみると「#男飯」「#自炊男子」「#弁当男子」などのハッシュタグがめじろ押し! 個性あふれる“男の手料理”の画像は、見ているだけでもなんだか楽しい。

 芸能界にも料理好きの男性有名人は多い。4月開始のドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系、金曜日 23時15分~)では、完璧に家事をこなす主人公を演じる松岡昌宏が、華麗な手つきで料理を披露。

第1位はオリーブオイルの達人  

 また、バカリズムとKAT-TUNの中丸雄一カズレーザーの男性3人がMCを務める『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系、火曜日 19時~)では、オリジナルレシピがバズりまくり。公式インスタグラムのフォロワーが250万人を超えるほどの好評ぶりだ。

 そこで『週刊女性』では、「手料理を食べてみたい男性芸能人は誰?」をテーマにアンケートを実施! 読者から多くの意見が寄せられた。グルメジャーナリストの東龍さんと一緒に、ランキングを見てみよう。

◆   ◆   ◆

 ダントツで1位に輝いたのは、ネット上で“オリーブ王子”の異名も持つ速水もこみち。朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)では、料理コーナー『MOCO'Sキッチン』を8年にわたり担当。2019年に惜しまれつつ終了したが、料理の仕上げにこれでもかとオリーブオイルを回しかける姿は、もはや“名人芸”の域に達していた。読者からも、

「オリーブオイルをドバドバ使っている様子を目の前で見てみたい」(静岡県50歳・主婦)

「彼の自宅で、オリーブオイルをたっぷり使ったトマトソースのパスタを食べたい」(山口県53歳・パート)

 などの声が。東龍さんは、

「料理人にとって大切なのは、清潔感、安心感、信頼感の3つ。もこみちさんは、これに加えて独創性もお持ちですよね」

 と話す。いまでこそオリーブオイルは多くの家庭で使われているが、『MOCO'Sキッチン』が放送開始された2013年当時は、まだそれほど一般的ではなかった。番組には当初「普通の家庭にオリーブオイルなんてない!」と、視聴者から苦情も寄せられていたという。