4月29日、ジャニーズ事務所の公式サイトとファンクラブで、関ジャニ∞の大倉忠義が活動を一定期間、休止することが発表された。

「“右低音障害型難聴”と“両側耳鳴り”を患っており、1年半ほど前から出ていた症状が、今年4月に悪化。事務所やメンバーとの話し合いを経て、7月16日から始まるデビュー18周年記念の大規模ライブ『18祭』に万全の状態で臨むため、休養を決めたそうです。ファンクラブ向けの発表では、ストレスが原因であることも明かしています」(スポーツ紙記者)

 大倉の症状について、星槎大学大学院教授で、横浜クリニックなどで心療内科、精神科の診療をしている内田千代子先生に聞いた。

「ストレスが関与して起こる身体の症状を心身症と言います。いろんな症状がありますが、難聴や胃潰瘍、高血圧、円形脱毛症や喘息なども心身症の場合があるといわれています。大倉さんの“低音障害型難聴”は若い人に多く、あるとき突然起こります。一般的な会話程度は聞こえますが、低い音が聞こえづらく、片耳だけに起こることが多いようです。詰まったような感じや、耳鳴り、めまいも伴います」

突然症状が出ることも

 関ジャニでバンドとして演奏する際、ドラムを担当している大倉には、低音が聞こえないことは大きな影響があるだろう。

2021年9月にツイッターを開設していた大倉忠義

 内田先生によると、症状があればとにかく早く病院に行くことが重要だという。

集中して何かに打ち込み、自分ではストレスがたまっていると思っていないのに、症状が突然出ることがあります。そこから病院に行き、自身を振り返ることで、実はストレスの要因があって、これまで無理していたと気がつくこともありますから」(内田先生)

 大倉以外にも、近年はメンタルの不調から休養するジャニーズが相次いでいる。

「Sexy Zoneのマリウス葉さんは、'20年12月から活動を休止しています。何事にも真摯に取り組む姿勢が過度のプレッシャーとなり、心身のバランスを崩してしまったことも理由の1つです。Hey! Say! JUMPの八乙女光さんは、昨年12月に“突発性難聴”と診断され、今年1月から活動を休止しています。グループが15周年を迎える11月の復帰を目指しているそうです」(前出・スポーツ紙記者)