「日本を代表する脚本家に20回も書き直しをさせるなんて……さすがは志の輔師匠、と思いました」

 苦笑まじりにそう話すのは、落語に詳しい芸能記者。今月20日に公開される映画『大河への道』についての裏話だ。この映画の原作は、落語家・立川志の輔によるオリジナル新作落語「大河への道 -伊能忠敬物語-」。その落語を聞いて惚れ込んだ俳優の中井貴一が、志の輔本人に熱烈なオファーをして映画化を実現させた。

「基本的にひとりでしゃべるだけの落語の台本をそのまま映画の脚本に使うわけにはいきませんから、当然、映画用に書き直す必要があります。そのためのシナリオライターとして白羽の矢が立ったのが、ドラマ脚本界のトップランナーである森下佳子さんです」(前出・芸能記者)

志の輔がダメ出し?

 森下氏がこれまで手掛けたドラマといえば、『世界の中心で愛を叫ぶ』、『JIN‐仁‐』朝ドラ『ごちそうさん』、大河ドラマ『おんな城主 直虎』、『天皇の料理番』、『義母と娘のブルース』など、人気作ぞろい。間違いなく、日本を代表する脚本家のひとりだ。

 ドラマ業界に詳しい雑誌ライターは、「森下さんは、自身のオリジナル脚本はさることながら、小説や漫画などをドラマのシナリオにするのも長けた人。原作の世界観を尊重しつつ、ドラマにしたときに映える展開や人物造形が巧みなので、今回も適任だと思いました」と言うが、今回ばかりはかなりの苦労があったようなのだ。

「ある落語会の高座でのことです。志の輔師匠が、今回の映画のことについて触れたときに、『脚本家が20回脚本を書き直した』と言ったんです。小さな声で、ついポロッとこぼしたといった感じだったので、後ろのほうの席の人には聞こえていなかったかもしれませんが……」(前出・芸能記者、以下同)

 もちろん、脚本の書き直し自体はよくあること。プロデューサーや監督、はたまたスポンサーの要請で、主人公の設定から修正を余儀なくされることも。さらに、出演俳優からの指摘で台詞を変えた例も。

 森下氏自身、俳優からの提案で大幅な修正をした経験について、「机の上では絶対に出てこない、(演じる)役を徹底的に研究した上で出てきたとてもありがたいご意見でした」と言っており、それ自体にはウェルカムな姿勢を示している(『「JIN―仁―」完全シナリオ&ドキュメントブック』より)。

「それでも、映画1本の脚本を20回も書き直すというのは、尋常ではありません。思うに、原作者である志の輔師匠がダメ出しをして、書き直しをさせたんじゃないかと……」