「眞子さんの結婚騒動、悠仁さまの進学問題など、秋篠宮家の一挙一動が物議を醸してきました。逆風にさらされながらも“孤軍奮闘”してきた紀子さまですが、さすがに限界だったのでしょうか……」(宮内庁関係者)

 秋篠宮ご夫妻が、都内で『JICA海外協力隊』の隊員約70人と面会された5月20日、“事件”は起こった。

「いつもどおり取材にあたっていたカメラマンに対し、JICAのスタッフから“フラッシュ撮影はやめてください”と、急きょ通達されたのです。療養中の雅子さまは、取材時のフラッシュが原則禁止されていますが、秋篠宮ご夫妻のお出ましで、このような指示を受けたのは初めてでした」(皇室担当記者)

 

美智子さまから“次は、あなたの番”

 現場では具体的な禁止理由が語られなかったものの、

「秋篠宮家の側近である皇嗣職からの指示だったとか。雅子さまのように、過去のトラウマや人目に晒される意識から“フラッシュ恐怖症”を患うケースはあります。秋篠宮ご夫妻にも何らかの“事情”があったのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 前出の記者には思い当たる節があった。

「この前日、都内で行われた『全国赤十字大会』にいらした紀子さまは、いつもと違う不安げなご様子でした」

 5月19日、コロナ禍の影響で'20年、'21年は中止されていた『全国赤十字大会』が3年ぶりに開催された。

「名誉総裁を務める雅子さま、名誉副総裁の紀子さま、寛仁親王妃信子さま、高円宮妃久子さまのご臨席のもと、全国から赤十字会員やボランティアの代表が集まり、功績を収めた個人や団体が表彰されました」(同・記者)

 皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさんはこう解説する。

「皇室と赤十字の縁は、明治天皇の后である昭憲皇太后から始まりました。歴代皇后が名誉総裁を務める全国赤十字大会は、特別な行事です。お代替わり前の'18年、雅子さまが15年ぶりに同大会に出席された際には、当時名誉総裁だった美智子さまが“次は、あなたの番。来年からよろしくね”と言わんばかりに手を差し伸べられる一幕もありました」