《電車タクシーコンビニずっとしてないですけど注意されないですね。されるのは飛行機系だけですね。あとたまに変な飲食店とかに当たると困るので一応持ち歩いてはいます。》

 5月23日、“ホリエモン”こと堀江貴文氏が自身のツイッターを更新。毎日新聞世論調査の【「屋外、マスク外してよい」は69%】との記事を引用して、《と、いいつつ私以外で外してる人ほぼいないっすね。怖いんだろうね皆んな》とツイートすると、続けて冒頭のような、屋内外で“ほぼノーマスク”生活を送っていることを明かした。

 政府は同日、屋外で2メートル以上の距離を保てていればマスクは不要、とする基本的対処方針を新型コロナ対策本部にて正式決定。つい、10日ほど前には「今の段階で緩和するのは現実的ではない」と話していた岸田文雄首相だったが、熱中症リスクも高まる夏季に向けた対策なのだろう。同様に学校でも、距離の確保を前提とした上で体育授業での「マスク着用は必要ない」と緩和を講じた。

「海外では、既に“withコロナ”として社会経済活動の優先に舵取りが切られ、アメリカでは公共交通機関とその構内でのマスク着用義務も撤廃。そもそもマスクをする文化がない国では“脱マスク”が加速しています。

 さらには来日中のバイデン大統領、そして出迎えて会話と握手を交わした岸田首相がノーマスクな訳ですから、“国のトップだから例外”という批判を交わすためにも徐々に緩和の動きを見せているのでしょう」(全国紙社会部記者)

 とはいえ、政府発表後の街中を見ても“ノーマスク”で出歩く人は少数派だ。感染リスクが高まることや“周囲から向けられる目”を省みると、やはりホリエモンが指摘した通りに、まだマスクを外すことを“怖い”と思う人が多いことが窺える。

ノーマスク注意するリスクの方が高い

 一方で電車やタクシーなどの公共交通機関、そしてコンビニを含めた施設内では依然として着用を推奨、要請されているだけに遵守している人がほとんど。5月17日には、2020年にマスク着用をめぐるトラブルから暴行を働いた25歳の男性が、懲役3年、執行猶予5年の判決を言い渡されている。

 コロナに感染することよりも、ルールを守らない“ノーマスク”の人物に対して注意することの方がリスクが高い、という風潮もあるだけに、堀江氏が《注意されないですね》と話すのもある意味当然と言えよう。やはりというかーー、

 彼のツイートに対してフォロワーからは、“ノーマスク”に同調するリプライも寄せられてはいるものの、SNSをはじめとしたネット上では、

《マスクしていない人を注意すると無駄に絡まれそうで怖い》
《堀江さんは注意すると後が面倒になりそうで》
《下手に注意すると、待ってましたとばかりに屁理屈こねくり回してウザ絡みしてくるのが分かっておるから、みんなに避けられてるだけ》

 トラブルに発展する方が“怖い”という理由で注意しない、というユーザーも。また《ホリエモンさんが注意されないのは餃子屋さんの一件のせいだろ》と、2020年9月の“餃子店マスク拒否騒動”を蒸し返すような意見も散見された。