今年の春ドラマも中盤に突入し、佳境を迎えている作品もある。現在放送中の民放ドラマのなかで、最長のシリーズ作品となっているのが『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)だ。

 同作は、元ジャニーズ事務所所属で現・株式会社TOKIOの副社長、松岡昌宏(45)演じる女装をした家政夫のミタゾノが、派遣先の家庭・家族の内情をのぞき見し、家にこびりついた“根深い汚れ”をスッキリ落とすために奔走する。第1シーズン開始時は、そのトンデモ設定が話題になったが、第5シーズンまで続く人気シリーズになるとは予想しなかった。

ヒットした『家政婦のミタゾノ』

 日本の男性アイドルシーンを牽引するジャニーズ事務所所属のタレントは、その華やかな容姿から恋愛ドラマの主演に抜擢されがちだが、時にはミタゾノのようなクセが強い役柄を演じ、高い評価を得るケースも少なくない。そこで今回は、ジャニーズ事務所所属・出身のタレントが演じた“クセ強めのキャラクター”を振り返る。

「ジャニーズタレントが出演しているゴールデンタイムのドラマは、ストーリーの質が高い作品が多い。出演している人たちも、幼いころからあらゆるパフォーマンスのレッスンを受けているからか、演技力が高い人が多いですよね」

端正な顔立ちからの“顔芸”

 そう話すのは、週刊女性で『アラフィフヴィジュアル系』を連載中の漫画家・かなつ久美さん。かなつさんは、毎クールすべてのドラマをチェックするほどの“ウォッチャー”でもある。そんな彼女がまっさきに名前を挙げたのが、2021年に芸能界を引退した元TOKIOの長瀬智也(43)だ。

クセが強めな役を演じるジャニーズと聞いて、長瀬さんを思い浮かべる人はとても多いはず。約10年続いた『白線流し』(1996年・フジテレビ系)では繊細で儚い青年・大河内くんを演じていましたが、近年は『フラジャイル』(2016年・フジテレビ系)の偏屈な病理医役や、『泣くな、はらちゃん』(2013年・日本テレビ系)の漫画から飛び出してきたキャラクター・はらちゃんなど、多種多様な役にトライしてましたよね

 そして、彼の俳優人生を語るうえで欠かせないのが、脚本家・宮藤官九郎とタッグを組んだドラマの数々。かなつさんはもちろん、イケメン評論家の沖直実さんも、長瀬とクドカンのタッグをいつも楽しみにしていたという。

ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』('00年)で共演した長瀬智也(当時21歳)と山下智久(当時15歳)

「『池袋ウエストゲートパーク』(2000年・TBS系)の真島マコトは熱い魂を持った若者。でも、それ以降は『タイガー&ドラゴン』(2005年・同)の落語家を目指すヤクザや、犯人ばかりに惚れる刑事を務めた『うぬぼれ刑事』(2010年・同)など、クセが強めの役柄を演じています。昨年放送の『俺の家の話』(2021年・同)では能楽師でプロレスラーと、クドカンワールド全開のキャラクターを毎回みごとに演じていましたよね。端正な顔立ちから繰り出される全力の“顔芸”も、目が離せませんでした」

 ありえない設定のキャラにも、リアリティーを感じさせる長瀬の演技は圧巻だった。

 長瀬と同様に「演技の振り幅が大きいジャニーズ」として名を連ねたのが、元SMAPの香取慎吾(45)だ。