前までちょっと好きだったんですけど、今回読んでちょっと……。そうですね。嫌いになりましたね

 5月29日、とろサーモンの久保田かずのぶがYouTubeチャンネル『もう久保田が言うてるから仕方ないやん〆』で事務所である吉本興業の大先輩・オール巨人への苦言を呈した。

『It's a shame.』(残念だ)とのタイトルで投稿された動画で、オール巨人が今年3月に上梓した『漫才論 僕が出会った素晴らしき芸人たち』の内容を引用しながら約8分ほど語っている。

「恥辱の勝者ってことですかね?」

 とろサーモンが優勝した’17年の『M-1グランプリ』について巨人が《実際にとろサーモンが王者になった2017年は、僕は和牛が優勝だと思っています。だから、最終決戦で和牛に投票した》と綴ったことについてまず久保田は、「また今言うことあるのかな? っていう」と不満を滲ませる。しかし、それよりも問題視したのはそのあと。早口で続きの文章を読み上げる……。

オール巨人が著した『漫才論 僕が出会った素晴らしき芸人たち』(『Amazon』商品ページより)

《僕を含めて当時のメンバーが5人で1人1人の票が重いと、審査員を増やしてくれと訴えたんです。それで2017年は7人に増えたと。このとき新しく入った2人がとろサーモンに入れたんですよね。そして、レギュラー審査員を務めていたうちの3人、つまり、僕と上沼(恵美子)さんと松本(人志)君は和牛を選んだ。故に、彼らは名誉ある敗退とも言われていました》

 久保田は表情を曇らせながら、「名誉ある敗退って……僕らはなんなんですかねっていうのを思って。恥辱の勝者っていうことですかね」と返すのであった。

「動画内で久保田さんは《審査員の追加をお願いしておいて言うのもなんですが、前年通り5人でやっていたら和牛が獲っていたはず》という一節にも、『今になってまた言われるんですか』と指摘しています。『デジタルタトゥーという言葉があるならこれは書籍タトゥー』、『“とろサーモン君ごめんね(笑)”って、笑えないですよ』とも評していましたね。

 怒りをぶつけているようにも思われますが、動画の最後で『褒めてほしかったですけれども仕方ないですね』とも発言しており、怒りだけでなく悔しさもあるのだな、といった印象です」(ウェブメディア編集者)