黒島結菜(25)主演のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の第6週の平均世帯視聴率が、15.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区/以下同)という数字となった。

低視聴率が続く『ちむどんどん』

「週の平均視聴率が15.5%というのは、歴代の朝ドラでワースト4位の数字で“危険水域”です。このまま下がり続ければ、期間平均視聴率13.5%で朝ドラ史上ワースト1位の倉科カナ(34)主演『ウェルかめ』の数字を下回ってしまうかもしれません」(テレビ誌編集者)

 このように、低視聴率になってしまっている『ちむどんどん』なのだが、毎朝の放送終了後には「#ちむどんどん反省会」といったハッシュタグがSNSのトレンドに浮上するなど、ネット上では『ちむどんどん』へのバッシングの声が苛烈になっている。

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

 朝ドラと言えば、放送直後に始まるNHKの情報番組『あさイチ』で、「朝ドラ受け」と呼ばれる出演者たちの朝ドラへのコメントが定番となっている。

 5月24日放送回では、黒島演じる比嘉暢子が、勤務するレストランのオーナーに対して「料理を作ってないのに偉そう、うちと勝負して」と啖呵を切ったのだが、それを受けて『あさイチ』のMCを務める博多華丸・大吉の博多大吉(51)は「オーナーを心から応援する自分がいる」とコメント。相方の博多華丸(52)も「謝れ! まだ間に合う」と、暢子に対して厳しい意見を語っていた。

 その翌日の5月25日、大吉がレギュラー出演するラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)では、再び『ちむどんどん』の話題に。大吉は「憎くて言っているわけじゃないんです」と語り、黒島演じる暢子について「ものすごく楽しみにしてたんですが、今のところ好かれるような主人公じゃないから。もうなんで……」「その辺のモヤモヤが(朝ドラ受けに)乗っかっているっていうのは正直あるんです」と続けた。

「朝ドラ受けを担う大吉さんが、NHKではないラジオ番組で“朝ドラ受け”についてさらに詳細を説明、エクスキューズをするようなことは今まであまりなかったですよね。

 ラジオでも大吉さんが触れたのは、『ちむどんどん』に対するネット上のバッシングの声や、ドラマへの悪評を少しでも落ち着かせたいという思いがあったのではないでしょうか。もしかしたら、朝ドラ受けをした博多華丸・大吉さんにも影響が及んでいるのかもしれない。

 それほどまでに『ちむどんどん』は嫌われてしまっていて、これまでの朝ドラには例がないほどの凄まじさです。“つまらないから見ない”に止まらず、ストーリーが許せない、登場人物がムカつく、といった意見が噴出し、ネットが炎上するという異常事態になっていますからね……。

 あくまでのドラマの話なのに、登場人物の言動が許せないという声が殺到している、というネットニュースが出ることなんてなかったですよね。そうした炎上の要因があまりにも多い、という状況なんです」(前同)