「今田美桜さんが主演を務める日本テレビ系ドラマ『悪女~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』の原作は、'97年まで講談社の雑誌『BE・LOVE』で連載されていた深見じゅん氏によるロングセラーの少女漫画。

 主人公の麻理鈴(今田)がひと目惚れする完璧な王子様T・Oさんのキャスティングは実現不可能と言われていました。'92年に石田ひかりさん主演でドラマ化した際も光でぼやけた状態でT・Oさんが登場。

 今回は初回から向井さん演じるT・Oさんが出演。ルックス、演技力ともに申し分なしの向井さんの神キャスティングに、称賛の声が集まっています」(ドラマウォッチャー)

原作を超えた!と思うドラマランキング

 原作ファンも唸らせた向井理にはさすがのひと言! がっかりキャスティングは数あれど、神キャスティングはあまり聞かない!? そこで、多くのドラマを見続けてきた30代以上の女性に緊急アンケート。「原作を超えたと思うドラマはなんですか?」

1位 『逃げるは恥だが役に立つ』264票

 数多くの作品の中で最も得票数を集めたのは、現実でも夫婦役の2人が結婚を遂げた『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系'16年)。

『逃げるは恥だが役に立つ』

「ガッキーのみくりさんがチャーミングで最高だった! 星野源も最初は違うと思ったけど徐々に平匡さんは彼しかいないと思うようになった」(41歳)、「漫画を知らなくてドラマを見てハマって原作を買いました」(36歳)。

 原作漫画は'12年から '17年まで『Kiss』(講談社)で連載され、根強いファンを獲得していた作品。当初はキャスティングに異を唱える声もあったとか。

「星野源さんが演じた平匡は、一見地味だけど眼鏡を外すとイケメンというキャラクターなので、高橋一生さんを推す声が非常に多かった。高橋さんでもハマったとは思いますが、やはり恋ダンスやのちに結婚までする2人の相性があってこそヒットしたんだと思いますね」(ドラマ関係者)

 高橋一生の平匡さんも見てみたかったけれど……。

2位 『孤独のグルメ』197票

 次いで2位にランクインしたのは逆に原作を有名にしたといわれる『孤独のグルメ』(テレビ東京系'12年~)。

『孤独のグルメ』

「飯テロドラマの元祖! 漫画を読んでみたら井之頭五郎(松重豊)がちょっと違うキャラだったけれど、松重さんの井之頭五郎以外は考えられない! むしろ原作に忠実な井之頭五郎だったら面白くなかったかも」(44歳)、「ほとんど食べるだけのドラマを面白く見せるってすごい! 漫画よりも面白かった」(37歳)。

 原作を超えたと評判の同作品は、原作・久住昌之、作画・谷口ジローさんによって'94年から'96年にかけて『月刊PANJA』(扶桑社)で連載された。グルメ漫画として知る人ぞ知る名作だったが、女性の目に留まることはあまりなかった。

「原作者の久住さんのもとにはほかのテレビ局から実写化オファーが来ていたんですが、“井之頭五郎のイメージじゃない!”と断っていたそうです。松重さんのときは快くオッケーを出したそうで、漫画とのキャラは違えど、愛される井之頭五郎を演じてくれることが久住さんにはわかったのでしょうね」(同・前)

 現在はシーズン9まで制作されていて、'17年からは大みそかにスペシャルドラマが放送される、まさにテレビ東京を代表するドラマとなった。