国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金を騙し取った詐欺の疑いで、警視庁に指名手配されていた谷口光弘容疑者(47)。ひとり海外に逃げていた容疑者だったが8日、逃亡先のインドネシアで確保されたことがわかった。なぜこのような事件を起こしてしまったのか……『週刊女性』は光弘容疑者の半生を追っていた。

◆   ◆   ◆

 警視庁捜査2課などは5月30日、この詐欺容疑について光弘容疑者の元妻で三重県津市の会社役員・谷口梨恵容疑者(45)と、同県川越町の長男・大祈容疑者(22)、犯行当時19歳だった次男(21)の3人を逮捕した。

「逮捕容疑は2020年6~8月にかけ、兵庫県内の50代男性会社員ら受給資格のない3人について持続化給付金を申請し、計300万円を騙し取ったとする案件。実態は同年5〜9月にかけて個人や法人の名義を約1780件集め、うち960件以上について不正受給したとみられている。谷口家4人を核とする十数人の犯行グループで、首謀者とされるのが光弘容疑者だ」(全国紙社会部記者)

不正受給総額は9億6000万円

 光弘容疑者は都内でセミナーなどを開き、「だれでもお金がもらえます」と“客”を募り、申請に必要な書類の作成や手続きを家族らに割り振った。不正受給総額は9億6000万円以上とみられている。

「ひとつの犯行グループとしては過去最大規模。光弘容疑者は息子2人を東京に呼んで手伝わせ、離婚前の梨恵容疑者には三重県内の当時の自宅でパソコン作業にあたるよう指示していた。名義人からは1件あたり十数万〜数十万円の報酬を受け取っていたようだ。大金を手にしたとみられる光弘容疑者は、不正発覚を察知したのか、20年10月にひとりでインドネシアに逃亡してしまった」(同記者)

 家族に悪事を手伝わせ、自分だけ逃げ続けている“トンズラ親父”。この男にも「かわいい頃があった」と証言する冒頭の男性はこう続ける。

「活発で、スラッとした体格で、足がものすごく速かった。小学校の運動会ではいつもトップを走っとったのに」

 三重県松阪市の出身。会社員の父親と、大型スーパーの寝具売り場でパート勤務する母親の次男坊として育った。

 実家近くの住民は、「とにかく勉強のよくできる子でした」と話す。

 地元の中学では成績のよさを買われ生徒会役員を務めた。

「陸上部の短距離選手で頭はよかったけれども、目立つ生徒ではなかった」(同級生)

 文武両道で知られる県内の私立高へ。大学受験に失敗したのが最初の分岐点だった。