《こういう人のせいで野球ファン全体が変な目で見られるんだよ》

 SNS上で厳しい意見が出たのは、6月5日に起こった事件に対してだ。

「甲子園球場で行われた阪神タイガース対日本ハムファイターズの試合を観戦していた男性が、警備員に暴行を加えた疑いで現行犯逮捕されました。阪神ファンが陣取る一塁側で観戦していたことから、SNSでは《また阪神ファンか》というような声もありました」(スポーツ紙記者)

味方も敵も、両方いい気はしない

 熱狂的として知られる阪神ファン。数々の“逸話”が野球関係者の間では有名だ。

「相手投手が打ち込まれて降板するとき、応援団が太鼓やトランペットで『蛍の光』を演奏していました。以前は、ライバルである巨人のマスコット・ジャビットのぬいぐるみを鎖でつなぎ、球場内を引きずって歩くファンも。ほかにも下品なヤジや、相手チームの応援歌を過激な言葉を使った替え歌にして歌うこともあります」(同・スポーツ紙記者)

 だが、ファン全員がこの状況を容認しているわけではない。都内にある阪神ファンが集う居酒屋に通う男性は「良くも悪くも阪神ファンは熱い人が多い。でも、問題を起こす人と一緒にはしてほしくない」と“身内”からも待ったの声。さらに、選手からもこんな意見が……。

「阪神に所属していた能見篤史投手は別のチームへの移籍が決まった後、出演した関西ローカルのテレビ番組で“(マナーの悪い観客は)何回も見たことがある。『蛍の光』とか改善してほしい。味方も敵も、両方いい気はしない”と苦言を呈して、物議を醸しました。また、同じく阪神の藤浪晋太郎投手はテレビで、本拠地の甲子園で聞こえる、ののしるようなヤジに“ホームのようでアウェーのような(感じ)”と過去に明かしていました」(前出・スポーツ紙記者)