あの“平成の一発屋”鼠先輩(49)が、久しぶりに新曲をリリースした。歌謡曲テイストの『ありがとさん』、子どもも一緒に歌って踊れる『ピピポ体操』、海外進出をもくろんだ『ピピポ体操(英語バージョン)』と、なんと3曲同時リリースである。

 いずれの曲にも、大ヒットしたデビュー曲『六本木~GIROPPON~』の「ぽっぽぽっぽ〜」を彷彿させるような「ピピポピポパポピー」というフレーズが入り、一度聴いたら耳から離れない。

 しかしなぜ、ここにきて精力的な歌手活動を再開したのか、本人に直撃してみた!

造園業のバイト中歌詞が浮かぶ

鼠先輩(撮影/山田智絵)
ねずみせんぱい 1973年生まれ。高校中退後、バンド活動など長い下積み時代を送る。2008年、35歳にして『六本木~GIROPPON~』で大ブレイク。2009年に一度引退。コロナ禍のニート生活を経て、2022年に復活!

「一度、ねずみ年だった'20年に復活プロジェクトが立ち上がったんですが、その数か月後にはコロナ禍に突入。イベントを行うことができなくなったため、復活の話は一切なくなりました。そしてコロナ禍を経て、このタイミングでの復活になったんです。

 コロナはエンターテイメント業界に大打撃を与えました。私も決まっていた営業は全部なくなったし、経営していたバー3軒はすべて閉店。収入がゼロになったので、知り合いの造園業者のところでアルバイトを始めたほどです。でも、剪定しているときにメロディーや歌詞が浮かんでくるし、『やっぱり自分はやりたいことをやろう!』という結論になり、曲と歌詞とミュージックビデオまで、すべて自分で作りました。家計から持ち出すお金が増えたので、妻からはものすごく怒られましたが」(鼠先輩、以下同)

 実は、メディアの露出は減っていたものの、コロナ前の鼠先輩の活動は順風満帆だった。主にイベント出演などの営業とバー経営の両輪で、専業主婦の妻と中学生と小学生の2人の娘を養っていたのだ。

 現在は、東京・東村山にあるバーにプロデュースという形で関わっているものの、それ以前は池袋と新宿にも出店していた。鼠先輩といえば、2008年のデビュー曲『六本木~GIROPPON~』が大ヒットしたわけだが、なぜ六本木には出店しなかったのだろう?

「人生を変えてもらった街なので言いにくいですが、実はあんまり六本木の水が合わないんです。もちろん、六本木に感謝はしています。でももともとは『バンドで有名になるぞ!』と岡山県から上京してきた人間ですから、どうも敷居が高くて。高円寺あたりのほうが落ち着くんです」