「早く男の子を産め!」

 クセが強い面々が繰り広げるドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系、木曜22時)が最終回を迎えようとしている。中でも一番のくせ者は石橋凌演じる父の圭一だろう。一族以外は見下し、嫁を人とも思わないその横暴ぶりもさることながら、女児を産んだ佐都(土屋太鳳)に冒頭のように言い放ったのだ。これに対してSNS上では、

《長男教かよ》、《長男(尾上松也)の育て方間違ってる》

 などといった声があがっている。

 今、長男教という言葉が再び注目を集めている。

長男教というのは男児だけを可愛がる家庭のことです。戦前は第1子の男児を可愛がるのを長男教と呼びましたが、今はちょっと違います。娘よりも弟や兄ばかり可愛がる母親、という意味で広がっていますね。『発言小町』や『Yahoo!知恵袋』でも相談が繰り広げられています。

 日本には家父長制度があったことで、昔から男児信仰が強い。名字=家を継ぐという考え方のため、男児が優遇されるという風習がありました。少しずつ薄れつつある傾向だったのですが、少子化が深刻になった影響からなのか、再び長男教が増えているように思います」

 とは、ジェンダー問題に詳しいジャーナリスト。

「長男教の家庭に育った男性は不幸だと思います」

 とズバリ指摘するのは、ストーカー案件を多く抱える弁護士。

「母親が姉や妹よりも息子を優先するものだから基本的に女性を下に見てしまいがち。さらに家族が持ち上げることで根拠のない自信がついてしまい自分を好きにならない女性を敵視し、ストーカーなどの極端な行為に発展することもあります」

 実際に長男教の被害者が被害を告発してくれた。

初対面で覚えた違和感

 都内在住の京子さん(仮名・37歳)は今、ある裁判の真っただ中にいる。原告は京子さん。ある男からのつきまとい行為に悩み、刑事告発したのだ。被害に遭ったのは日本でコロナ感染が広がる直前の2019年の冬。マッチングアプリで出会った緒方(仮名・41歳)という男性に執拗につきまとわれたのだ。

「緒方は写真を見る限りは普通の男性。中肉中背でどこにでもいそうな、むしろ好青年にすら見えました。マッチングしてから2週間くらいたわいないやりとりをメールで続け、1度お会いすることになったんです。そのときに違和感を覚えて……」(京子さん、以下同)