2021年5 月に新卒大学生向けの就活情報サイト『就活の教科書』に公開された記事がネット炎上を起こしている。

『【底辺職とは?】底辺の仕事ランキング一覧』

 次第にSNSで拡散されるなどして、今になって炎上に発展。ワイドショーなどでも取り上げるほどの大きな問題になっている。

 記事には、「一般的に底辺職と呼ばれている仕事は、社会を下から支えている仕事です。そのような方がいるからこそ、今の自分があるのだということには気づきましょう」としたうえで、「土木・建設作業員」「警備スタッフ」「工場作業員」「倉庫作業員」「コンビニ店員」「清掃スタッフ」「トラック運転手」「ゴミ収集スタッフ」「飲食店スタッフ」「介護士」「保育士」「コールセンタースタッフ」がランキング順に挙げられていた。

“底辺職業”の特徴3つとして「・肉体労働である ・誰でもできる仕事である ・同じことの繰り返しであることが多い」を挙げつつ、「・平均年収が低い ・結婚の時に苦労する ・体力を消耗する」といったデメリットも並べている。

メイプル超合金のカズレーザーは『就活の教科書』炎上について『めざまし8』で「なんでバカなラベリングをしたのか」と言及

 現在、『就活の教科書』ではこの記事をはじめとした複数の記事を削除している。ウェブメディア『J-CASTニュース』の取材に対して運営社は《今回の記事の作成者に、改めて記事の作成経緯を含め事実関係を確認し、弊社内で、今後の対応について検討中でございます》と回答している。

 しかし、ここで気になるのが記事の監修者であるA氏は同社の代表取締役となっていることだ。そんなA氏について語るのは学生時代の知人。

「和歌山県出身の31歳で、大阪にある理系の大学に進学しています。就職先を1年と経たずに辞めてアフィリエイト広告などで稼いでいましたね。『就活の教科書』が軌道に乗ってからは、“就活系のYouTubeチャンネルを大きくしたい”と言っていましたよ。当時は経営者に憧れる野心家といった印象でした。その分努力も欠かさないヤツだったので、ネット炎上をみているとちょっと辛くなってきますね」

 A氏は2020年にあるメディアで『就活の教科書』の立ち上げから成功までを語ったインタビューに応じている。