何かと話題の綾野剛(40)の主演ドラマ『オールドルーキー』(TBS系)の2話目が7月3日に放送となるなど、夏ドラマがスタートしつつある。

大注目の水谷豊×寺脇康文『相棒』

竹内涼真さん(29)主演の、大ヒット韓流ドラマ『梨泰院クラス』の日本版リメイク『六本木クラス』(テレビ朝日系)もいよいよ7月7日から始まります。テレ朝は、同ドラマに、予算含めかなり突っ込んでいるとささやかれています。ただ、やはり本当の勝負は、10月クールからSeason21が放送予定の水谷豊さん(69)主演の『相棒』なのではないでしょうか。

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

 “5代目相棒”も発表され、大注目を集めている同ドラマ。テレ朝系のサッカー日本代表中継ではないですが、まさに“絶対に負けられない戦い”でしょうね」(ワイドショー関係者)

 6月23日、4代目相棒・冠城亘を演じた反町隆史(48)が今春に卒業してから、数多く候補者が挙がっていた5代目相棒を、初代相棒・亀山薫を演じた寺脇康文(60)が務めることが発表されたのだ。

これはあっと驚きのサプライズキャスティングでしたよね。相棒ファンのみならず、SNS、ネットユーザーの強い関心を惹くこととなり、日本中に広がる大ニュースになりました。初代相棒だった寺脇さんは2008年に放送されたSeason7の第9話をもってドラマから卒業しています。当時は、水谷さんと寺脇さんの不仲が卒業の要因では、とも言われていましたので、ここでのカムバックはやはりビックリでしたよね」(前同)

 当時の報道では、『相棒』の撮影現場で寺脇が演出面の提案をするなど主演の水谷以上に存在感を出し、そのことで両者の間にすきま風が吹くようになり、次第に居場所がないと感じた寺脇自ら降板を申し出た、などと報じられていた。

さまざまな“不仲報道”が出たり、一方では決してそんなことはない、と言った声もありましたよね。それから14年、寺脇さん演じる亀山薫は”5代目”として『相棒』に戻ってくるわけですが、今回、『週刊文春』(文藝春秋)の取材に、その寺脇さんの妻が応えているんです」(同)

 6月30日発売の週刊文春では、『相棒』への寺脇の復帰を特集。さまざまな関係者の証言を掲載している。その中のひとりが寺脇の妻なのだ。