芸能界の新たなビッグカップルとして注目されている、広瀬すず&山崎賢人。7月2日にニュースサイト「文春オンライン」が交際を伝え、記事が配信された直後はネットも大盛り上がりとなったが、「思いのほかすぐに沈静化したのには理由がある」(テレビ局関係者)という。

交際を否定しなかった

 広瀬と山崎といえば、2016年9月公開の映画『四月は君の嘘』でダブル主演。ただ当時、山崎はNHK連続テレビ小説『まれ』(2015年3〜9月放送)などで共演した土屋太鳳との交際を「文春」に報じられている。広瀬に関しては、2020年、新型コロナウイルス感染が明らかにされた際、『なつぞら』(2019年4月〜9月放送)などで共演歴があった中川大志の感染も続けて発表されたため、一部で「カップルで感染か?」とウワサされていた。

 このように、広瀬と山崎はそれぞれ別の芸能人と交際しているとみられていたものの、今月2日配信の「文春」は、2人が“ほぼ同棲状態”にあるとスクープ。広瀬は先月19日に24歳の誕生日を迎えたが、記事によると、前日夜から当日昼過ぎまで山崎と過ごしていたそうだ。

「同誌の取材に対し、双方の所属事務所が『プライベートは本人に任せております』と回答したということから、マスコミ関係者の間でも“交際を否定していない”“付き合っていることを認めたに等しいのでは”と話題になっています。美男美女カップルの誕生にネットも沸きましたが、そんなお祭り騒ぎは一瞬で収束。マスコミの後追い報道も、本来ならひっきりなしに出てもおかしくないのにサッパリです」(同・前)

 現状、「文春」に回答を寄せた以外は両事務所ともノーコメントを貫いており、また本人たちもノーリアクションとあって、ファンは騒ぎようがないのかもしれない。一方、マスコミによる後追い記事が少ない理由は何なのか。