休日の豊洲。『SKATE AND DESTROY』という文字が大きく背中に描かれたTシャツを着た青年が、スケボーで駆け抜ける。“スケートと破壊”。これはスケボー雑誌『スラッシャー』のキャッチフレーズ。同誌は同名のアパレルブランドも持つ。

 青年が“スケボーによって何かを破壊”しているかは定かではないが、今その破壊行為が問題となっている。

オリンピックでスポーツとして注目された“スケボー”

 '21年の東京五輪にて、堀米雄斗、西矢椛がスケートボード種目で金メダルを獲得。この影響でスケボーは大流行しているが、マンションや公園の施設が傷つけられるなどの苦情が多発している。

'21年の東京五輪スケートボード競技で金メダルを獲得した(左から)堀米雄斗と西矢椛

「江東区のタワーマンションや公園の被害が大きい。今年3月、江東区のマンションでスケーターが敷地内に侵入。居住者が諭したところ口論になり、暴力事件にまで発展、警察が出動する事態となりました」(社会部記者)

 江東区のタワマンに暮らす男性はスケボー被害を語る。

「設備が傷つけられたら、修繕費は管理組合の積み立てから出します。騒音やゴミのポイ捨てもある。壊れたスケボーが置き去りにされていたり。注意した際、逆に悪態をつかれた人もいます」

 また、江東区のマンションに暮らす別の男性も、

「スケーターは昼よりも夜になって集まってくる印象です。当然マンションには警備員さんがいて見回りをしているのですが、注意してもやめない。または注意されていなくなるけど、また時間を置いてやってきたり」

 一児の母は、江東区の公園近辺も怖いと話す。

マンション周辺だけでなく、豊洲駅からスケートボード場まで移動するため、歩道をスケボーで走っていく人も少なくないです。1人でゆっくり通ってくれればそれほど心配はないですが、スピードを出していたり、複数人いたりすると怖い。子どもがたくさん遊んでいる公園の近くを通っていくので……