誰もが憧れる、美しくバランスが整った“黄金比率”な顔。でもそれって誰? というわけで、週女プライムで「顔面の黄金比率が完璧だと思う女性芸能人」について1000人にアンケート調査を行いました。

 名前があがったのは、北川景子(35)、橋本環奈(23)、石原さとみ(35)、広瀬すず(24)、綾瀬はるか(37)、新垣結衣(34)、佐々木希(34)、浜辺美波(21)、長澤まさみ(35)、吉永小百合(77)、今田美桜(25)、白石麻衣(29)、菜々緒(33)、桐谷美玲(32)、米倉涼子(46)、檀れい(50)など、多くの人気女性芸能人!

 そして20代〜50代の各年代別の1位は次のような結果に。20代→橋本環奈、30代→北川景子、40代→米倉涼子、50代→檀れい

 結果に納得の美女ばかりですが、やはり美女たちの顔を作るのは“顔面の黄金比”が関係しているのでしょうか? でも、そもそも美女顔を作る黄金比ってどのようなものなのでしょうか?

 黄金比という観点から美をクールにジャッジする、美容整形外科『高須クリニック』の若佐文医師に「顔面黄金比率」について解説してもらいました。

◇   ◇   ◇

今回のターゲット:橋本環奈、北川景子、米倉涼子、檀れい
「顔面の黄金比率が完璧な女優は!?」

回答者:美容整形外科『銀座高須クリニック若佐文医師

――今回のアンケート結果ですが、20~50代1位のみなさん全員、納得の美女でした。やはり彼女たちはお顔の“黄金比率”が良いのでしょうか?

若佐先生そもそも、黄金比率とはいわゆるバランスの良い顔のこと。つまり顔が大きくても、それに比例して目鼻口も大きく、かつ配置が良ければ“比率が良い”となります。

 まず、目と目の間の幅と目の横幅が1:1:1の比率。額の幅、眉毛の下から鼻の下、鼻の下から顎先が1:1:1で、小鼻のサイズは目の間のサイズくらいで、小鼻と口は1:1.6のバランス……など、数字的に整っているかということですね

顔面の黄金比
顔面の黄金比

――目がぱっちりと、鼻は高く……など、パーツの美醜というよりはバランス感なんですね。

若佐先生「もちろん、パーツの美醜も関係ありますが、その配置が大事です。そういう意味では橋本さんは目・鼻・口の大きさや位置、目と目の間の距離感もちょうどよく、鼻の下から上唇までの長さもいいですね」

元Rev.fromDVLの橋本環奈

――さすが超人気女優! 納得のご意見です。

若佐先生「北川さんは目と鼻の位置は良いのですが、目の下からあご先までがやや長めなので、ちょっと骨っぽさが目立ちやすいお顔かな。お顔自体は左右対称な典型的な美人顔なので、これ以上瘦せない方が美しさをキープできるかと思います」

北川景子

――パーツ間の長さも黄金比率には大事な条件なんですね。では40代の1位に選ばれた華やか美女の米倉さんは?

若佐先生目・鼻・口 すべてが大きく、位置も良い。欧米人風の華やかな美人バランス顔ですね

米倉涼子

――パーツが大きいと欧米人風になるんですね。

若佐先生やはりアジア人はバランスがよくても各パーツは小ぶりな方が多いですから。檀さんなどはアジア系美女タイプで、目・鼻・口と顔の大きさがバランスよくまとまっています。

 少しだけ鼻の穴があぐらをかいていますが、黄金比率とは別に、それが女優としての個性を与えており、チャーミングな印象です」

檀れい