《通称「前時代的ブラック飲食店撲滅作戦」を決行する》

 7月23日の夕方。ツイッターに投稿されたこんな言葉が、すべてのはじまりだった。

「有名中華チェーン『大阪王将』の店舗で働いていた男性が、24日に同店舗を運営する企業を退職すると、店舗に大量の害虫が出る不衛生な環境であることをツイッターで暴露し始めたのです。ネットでは大炎上する騒ぎに発展しました」(ネットニュース編集者)

 今回問題となったのは『ファイブエム商事』がフランチャイズ店として運営する『大阪王将』仙台中田店と仙台西多賀ベガロポリス店の2店舗。どれほど酷い状態だったのか。元従業員の男性に話を聞いた。

店舗の劣悪な衛生環境について語る告発した男性

「'18年に『ファイブエム商事』に入社し、『大阪王将』中田店で働き始めました。当時から決してキレイではなかったのですが、僕も初めて飲食店で働いたので、こういうものだと思っていました」(元従業員の男性、以下同)

 '21年3月には西多賀ベガロポリス店に異動となった。

「ベガロポリス店は当時の中田店よりもはるかに汚い状況でした。冷蔵庫の下を水で流すとウジ虫が大量に流れてくるんです……水が真っ白になるぐらい。そこで、こんな衛生環境で料理を提供するのはおかしいと、疑問を持つようになったのです」

 昨年12月には、再び中田店に異動となったが、

「お店が荒れ放題になっていて……。ゴキブリはもう毎日……1日に最低2匹は駆除していました。調理場には使われていない洗濯機が置かれていたのですが、掃除しようと洗濯機の中をのぞいたらゴキブリが3匹ぐらい蠢(うごめ)いていて」

ナメクジ大量発生の店舗では野良猫も飼育

 ゴキブリが洗濯機内で大量繁殖していたのかも……。

「ゴキブリだけじゃなく野良猫も飼っていて、腐った食材で作った料理を提供しているのも見たことがあります。さらにはナメクジが大量発生したことも。冷蔵庫の内部では6匹ほど列をなしていたことがありますし、調理器具の上を這っていたこともありましたね。店長にLINEで相談しても“ザルにもいるから気をつけて”と返事があっただけでした」