5人に1人が年収200万円以下という時代に突入した。低年収でも実際、暮らしていけるのか? 手取り14万円というユーチューバーのこはくらいふ。さんに今ある収入で自分らしく、楽しく暮らす秘訣を聞いた。

お金の使い方に優先順位をつける

 現在30代のYouTuber「こはくらいふ。」さんは契約社員の薬局事務員として働いている。年2回のボーナスはあるものの月々の手取りは約14万円。その月収でひとり暮らしを楽しむ姿を動画で公開している。

「最初にYouTubeで生活費を公開し始めたのは、初めてのひとり暮らしでちゃんと暮らせるか不安だったからなんです。コメントを寄せてくれる方も多く、節約生活の励みになりますね」(こはくさん、以下同)

 前職は薬局での処方箋受付で、手取りは今より多い15万~16万円ほど。残業手当もプラスされたが一日中立ちっぱなしで、仕事に追われる毎日だった。このままではいけないと考え、転職を決意。

「家族には30歳になっても結婚していなかったらひとり立ちする、と宣言していたので、言葉どおりに実家を出ました(笑)。ひとり暮らしに備えて貯金はしていて、不安より楽しみのほうが大きかったですね。以前からお昼は自作のお弁当でしたし、実家暮らしと比べて金銭感覚も大きな変化はありません

インテリアにこだわったこはくさんの部屋。「家具を少しずつ買いそろえるのが楽しいです」

 毎月の生活費以外に大学の奨学金返済も抱えているが、経済的な焦りや不安にとらわれることはないという。そのワケは自分に合ったストレスフリーな環境を選択しているからだ。

「私は内向的でひとりの時間がないと息苦しくなってしまうタイプ。インドア派でもあるのでYouTubeの動画を作成して発信するのは、ひとりでできてお金もかからない新たな趣味になりました」

 お金に頼らず心豊かに生活するためのコツは“自分の「好き」に優先順位をつけること”だ。

「今は衝動買いをしなくなりました。服は断捨離して白と黒、ベージュをベースに着回しています。お菓子もコンビニではなくスーパーで買うなどして節約はしていますが、食べたいものは我慢はしていないつもり。先月は暑くてお茶のペットボトルを数回買っていたら出費が増え、ちょっと失敗しましたが(笑)」

 たまにはクーポンを使い、アラサー女子らしくまつげパーマをすることも。

「舞台が好きなので、チケットは高いですが劇場にも足を運びます。物欲はないほうなので、自分が満足できることにお金を使いたいですね」