シンガーソングライターのGACKTが7月30日、YouTubeチャンネルで“復活”の生配信を実施した。

 GACKTは昨年9月から、病気療養のため芸能活動を休止していたが、今年5月に活動を再開していくと発表。6月には一般社団法人「再生医療福祉支援基金」発起プロジェクトの発表会見(大阪)に出席し、自身の誕生日である7月4日に配信を予定していると明かしていたものの、新型コロナウイルスに感染して拠点とするマレーシアから出国できなくなり、配信は延期に。

返済に向けて動き出しているTKO木本

 こうした経緯から今回、改めて自身のバースデーと復活を記念した特別生配信を行ったことは、ネットニュースにも取り上げられている。GACKTは、免疫機能の低下による闘病中の苦悩を語ったほか、ファンを待たせて申し訳ない気持ちだったけれど、今後はファンの背中を“押せるだけ押していこう”という決意も生まれたとのこと。

 そんなGACKTに対し、ファンからは「おかえりなさい」などと温かな声が寄せられているが、一部ネット上には「雲隠れしていただけなのでは?」といった声も少なくない。

「芸能界は現在、TKO・木本武宏の“投資トラブル”の話題で持ち切りですが、活動休止前のGACKTにも“仮想通貨トラブル”や“詐欺疑惑”が浮上したことがあったからです」(スポーツ紙記者)

 木本に関しては、7月19日配信のニュースサイト「日刊大衆」によって、投資で失敗して数億の借金を抱えたことや、本人が周囲に持ち掛けていた投資ビジネスも“詐欺まがい”の話だったことなどが報じられ、騒動に発展。7月23日付で所属していた松竹芸能との契約を終了した木本は、同日、ツイッターで「近日中に事の経緯をきちんと説明させて頂く所存」と報告していた。

 そして8月1日、「NEWSポストセブン」が木本の独占インタビューを配信。木本によると、自称FXトレーダーのA氏、元芸能関係者のB氏に“総額6億円強”が渡っていて、3億円以上は“使途不明”のままとなっているとか。なお、A氏とB氏は、金融商品取引法に基づく登録をせずに金融商品取引業を行う「無登録業者」だったという。

 また、木本自身は「誰かを騙そうとしたことは一切ないですし、手数料や紹介料を受け取ったり、利益の分け前をもらったこともありません」と明言した上で、周囲にA氏を紹介した責任は「決して小さいものではない」と考え、みんなの損失を補填したそう。さらに、不動産投資の名目で資金を集めていながら“飛んだ”というB氏の件に巻き込んでしまった人たちについても、木本は「僕が責任を取るしかない」との思いから、返済に向けて働きかけ続けているとのことだ。