芸能界引退後、“一般人”を自称しながら、モデルやYouTuberとして活動する木下優樹菜が、自身のYouTubeチャンネルで「何を言われても私が発信を続ける理由」という動画を公開。

PV稼ぎの炎上商法疑惑

 ネット上で現在、「炎上商法」の疑いがかけられていることを真っ向から否定し、≪私は人を不快にさせたり、苦しい思いをさせてまで、PVを稼ぎたいとはまったく思っておりません≫と述べたが、転落のきっかけとなった“タピオカ騒動”を動画内でネタにしていることから、「なんとも説得力のない釈明」(芸能記者)と言われている。

 ここ最近、YouTubeチャンネルに毎日動画を投稿している木下。そのうち複数の動画が相次いで炎上しており、一部ネットユーザーの間で、PV稼ぎの炎上商法疑惑がささやかれるようになった。

 そんな中、「何を言われても私が発信を続ける理由」という動画が公開されたのだが、冒頭には木下の長女・莉々菜ちゃんと茉叶菜ちゃんが登場。炎上続きの母親に対し、

≪もう関係ないじゃん? ニュースなんか。仕事普通に頑張って≫

≪ママのファンじゃない人はもう別に。アンチとかもう関係ないよ≫

 とエールを送っており、「こうした娘の言葉こそ、木下が『何を言われても私が発信を続ける理由』なのでしょう」(同・前)という。

 その後、木下は1人でカメラの前に登場し、≪炎上した動画の再生回数が伸びていることもあり、「炎上商法ではないか?」と憶測を呼んでしまっていますが、そのような意図は全くございません≫と、疑惑をきっぱりと否定。

「炎上商法ではないか?」との憶測に《そのような意図は全くございません》と、疑惑をきっぱりと否定した木下(本人のYoutubeより)

 加えて、

≪私は人を不快にさせたり、苦しい思いをさせてまで、PVを稼ぎたいとはまったく思っておりません≫

≪今、私は『少しでも皆様に笑ってほしい』という思いでYouTubeを毎日投稿しています≫

 と釈明したのだ。

「さらに木下さんは、アンチに対して、≪私の意見や言動を快く思わない人がいることは理解していますので、そういった方はどうか、私のYouTubeやSNSやネットニュースなどを見ないようにしてください。お互いにブロックし合うことが、お互いのためだと思います≫とメッセージを送っていました。

 なんでも、今後すべてのSNSに対するコメントは“承認制”とし、≪不適切なものはすべてブロックさせていただきます≫というだけに、木下さんは、自身の周りからアンチを徹底的に排除しようと考えているようです」(同・前)