広末涼子、42歳。1995年に14歳でデビューして、もう四半世紀以上、芸能界の第一線にいる。

 現在は火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)に出演中。5月にはベストマザー賞を受賞した。また、週刊女性が目撃したPTA活動や蕎麦屋でのひとり酒、他誌が報じた渋谷センター街でのマッサージからのひとり寿司など、マイペースな日常も話題だ。

 とはいえ、その芸能人生には「迷走期」もあった。まずは、1999年の早稲田大学進学をめぐるドタバタだ。

 一般入試ではなく、いわゆる「一芸入試」での合格だったため、出来レース説が浮上。しかも、入学から3か月近くにわたって1度も登校しなかったことが物議を醸した。

 初登校日にはマスコミが集合、パニック状態に。もみくちゃにされた彼女は週刊誌で、

「ふざけるなって思った」

 と語ったが、同時期に俳優・伊勢谷友介との同棲がスクープされていた。アンチからも「ふざけるな」という反応が飛び出したものだ。

“プッツン女優”の異名を戴冠

 
「クラスのみんなは普通でした」と早稲田大学への初登校について話した広末涼子だが、自主退学することに

 2年後には、どこまで事実かは不明だが、さまざまな「奇行」も取り沙汰された。その後の人生を暗示するようなタイトルの主演ドラマ『できちゃった結婚』(フジテレビ系)の撮影現場でのこと。「遅刻が日常茶飯事」とか「白昼、スカートのボタンが外れたまま現れた」とか「リハーサル中でも携帯を手放さず大声で話したり、携帯の電波を求めてさまよい歩いたりしている」とか。

 さらに「150キロ離れたロケ先までタクシーで無賃乗車して、ドライブインでお金を借りたあげく、そのロケが中止だと知った」という文字どおりの迷走エピソードも報じられた。

 このため、彼女はマスコミから「プッツン女優」と呼ばれることに。早大進学の際には当時の総長を、

「いよいよ第2の吉永小百合ができる」

 と喜ばせたが、早大卒の大女優の平成版を期待させるようなイメージは一変した。