奈良市の近鉄大和西大寺駅前で街頭演説中の安倍晋三元首相(67)が銃撃され、死亡してから1か月がたった。逮捕された山上徹也容疑者の母親はメディアからの取材攻勢を避けるように自宅を離れ、親族宅に今も身を寄せている。

「山上容疑者は現在、鑑定留置中。刑事責任能力の有無などを判断するため11月29日まで続く。父親は幼いころに自殺しており、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)に多額の献金をしていた母親は、容疑者の妹とともに父親の兄にあたる伯父宅で生活している」(全国紙社会部記者)

 事件を起こすまで、容疑者は奈良市内の単身者向け賃貸マンションでひとり暮らしをしていた。母親の過剰献金による家庭崩壊の果て、実兄が約7年前に自殺して以降、家族と距離をとるようになったとされる。それでも母親がいた実家から遠くない場所で生活していたのは、関係を断ちがたい心情の表れともとれる。

 実家を訪ねると、インターホンに応答はなく、門扉は針金できつく縛られていた。物干し竿には洗濯物が干したまま。

 近所の女性は、

「もう、ずーっと留守ですよ。事件直後からマスコミが大挙して押し寄せ、周辺住民は辟易としているんです。インターホンを鳴らされないように電源を切ったお宅もある。しばらくパトカーの巡回が頻繁にあり、マスコミ対策もあったと思いますが、住民のあいだでは“安倍氏の信奉者が報復目的で実家を襲撃するのを警戒しているのではないか”と囁かれていました。巻き込まれたくないと、みんな怖がっていたんです」

 と、この1か月を振り返る。

 犯行動機は、母親が入信した旧統一教会への恨みだったとされる。相続した遺産・生命保険金などを原資とする総額1億円以上の献金で母親は自己破産に追い込まれ、一家は崩壊。容疑者は教団トップの襲撃も考えたが断念したという。代わりに「(旧統一教会と)つながりがあると思った」安倍氏を狙ったと供述している。

 事件後、安倍氏のほか主に自民党国会議員と同団体の関わりがクローズアップされ、献金の手法についても同団体に批判的な報道が相次いだ。脱会した元信者や被害者支援に取り組む弁護士らの証言などに基づき“旧統一教会バッシング”の勢いは増している。

 こうした状況を容疑者に近い人たちはどう見ているのか。

容疑者は賢い子やったから…

「容疑者の背景を知ってから気の毒に思えた部分はある。ただ、安倍氏は、命を奪わなければならないほど恨む相手だろうか。結果的に大きなダメージを教団に与えたわけで目的は果たしたのかもしれん。賢い子やったから、そこまで計算ずくだったとすればゾッとするけど」(実家近くの男性)

 母親は、事件後の報道などに接して今何を思うのか。同団体への信仰心に変化はあるのだろうか。