「灼熱の車中に閉じ込められて、どんなに暑かっただろう、苦しかっただろうと思って……」

 そう話すのは、神奈川県厚木市の郊外にある『ぼうさいの丘公園』の西側第2駐車場に献花にきていた女性。彼女の他にも、子ども2人の死を悼んで、多くの人がここを訪れていて、今では百を超える飲み物が供えられている。

 7月29日午後4時50分ごろ、この駐車場から1本の119番通報があった。長女(2)と長男の煌翔ちゃん(1)の意識がないという、母親からの電話だった。

「公園に遊びに来たが、2人は後部座席で寝ていたため、スマホを操作していた。エンジンを切って30分ほど車の窓を開けていたが、気づいたら子どもの体調が悪化。1人は口から泡を吹き、1人は反応がなかった」

 当時、この地域の気温は33度だったという。2人はすぐさま病院へ搬送されたが、長男はおよそ1時間半後に死亡。長女も8月2日になって死亡した。2人とも熱中症による死亡と見られている。だが長女が亡くなった2日、神奈川県警は母親で無職の長澤麗奈容疑者(21)を、長男・煌翔ちゃんに対する保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。長男を保護する責任のある立場にもかかわらず、車両内に放置したというもの。

事件現場の駐車場には多くの飲み物などが供えられている

「容疑者の供述はウソだったのです。実は容疑者はこの公園ではなく、別の駐車場で2人を後部座席に置いたまま停めて、交際中の男性宅に1時間ほど行っていたのです」(全国紙社会部記者)

杜撰な偽装工作の中身

 車に戻った容疑者は子どもの異変をすぐに察知。すると、車をそのまま移動させ、前出の公園西側第2駐車場へ。そこからわざわざ119番したのである。なぜこんな“偽装工作”を行ったのか。冒頭の献花にきた女性は、こう話す。

「第2駐車場は西日が当たって車内が暑くなるから、第1から先に埋まっていきます。でも事件の日は平日なので第1もガラガラのはずだけど……」

 容疑者がわざわざ第2駐車場を選んだのは、子どもが熱中症になったという理由付けに都合がよかったからなのか。

 その後、警察の取り調べで、容疑者は、

「子どもたちだけを車内に置いて、知人の家に行っていた」

 と供述を一転させている。

 長澤容疑者はおよそ5年前、事件現場となった公園からおよそ1キロメートルのところにあるアパートへ母親とともに引っ越してきた。アパートの住人は、

「母親と娘さん(容疑者)の2人暮らしで、シングルマザーでした。それでいつの間にか娘さんが家を出ていて、でもまた戻ってきていた。その時は2人の子連れでね。一度、結婚して、外に住んでいたけど、うまくいかなくなって自宅へ戻ってきたみたいです」

 容疑者は、その結婚相手と現在も離婚協議中のようである。アパートの住民は続ける。

「ステップワゴン車に子どもと乗るときには、仲のいい親子に見えましたけどね。こんなひどいことする感じは全くなくて、やさしい母親に見えた」

 だが、事件の兆しがあったという話も。

「今年7月上旬、容疑者はネグレクト(育児放棄)を起こしています。容疑者が県内にある店舗駐車場で、やはり車内に煌翔ちゃんを置き去りにしていた。警察は児童相談所に連絡しましたが、容疑者が“二度としません”という上申書を児童相談所に提出しています」(前出・社会部記者)

 偽装工作までして一度は自らの罪から逃れようとした容疑者。まずは失ってしまったわが子2人を弔うことから始めなければならないだろう。