短期連載(1)『女が離婚を決めた瞬間ーー』
一途な思いを実らせて、ようやく手にした幸せな時間が簡単に崩れ去る“砂の城”だったとしたらーー。浮気を繰り返す夫の本心を知ったとき妻の心は……。

「出会いは高校1年生のころ。それから15年間付き合って、結婚しました。夫は長身のイケメン。成績も優秀で有名私大を卒業してから上場企業に2年間勤務の後に起業し、5年前にIT会社の社長になったんです。彼は私の誇りです。22年間彼に尽くすことが生きがいでした

 そう語る志穂さん(仮名・38歳)は、漆黒のロングヘアをアップにした清楚な佇まいの女性。その容姿とは裏腹に、淡々と語る口調に強さがにじむ。夫の浮気は、結婚前から多々あったという。しかし─。

「私は夫に選ばれて結婚したんです。子どもが生まれてから、夫の浮気が落ち着いたと思っていたんですけどね」

 浮気を繰り返す夫を許してきたのは、志穂さんが家庭の事情で大学進学を断念したことも影響している。高卒で銀行に就職したものの、勉強したいという気持ちを拭えず、子育てをしながら大学の通信コースに進学したほどだ。そのため優秀な夫を尊敬していたという。

「それに職場でも友達の飲み会でも、夫以上にカッコいい男性はいなかったんです」

 夫の浮気癖は、大学生時代に遡る。当時、彼は複数の女性と付き合っていた。つらくはあったが、志穂さんは「必ず自分のもとに帰ってくる」と信じていたという。

“女性の影”を見て見ぬふり

「幸いなことに、大学生のころの彼は本気で付き合った女性がいなかったんです。すべて遊びでした。しかも私は大学卒業直前に夫の親に紹介されたんです。そこでますます“彼には私しかいない”と思い込むようになりました」

 社会人になってからも、夫の周囲には女性の影がちらついたが「本気じゃないから」と見て見ぬふりをしていた

「彼と別れるという選択はこれっぽっちもなかったんです」

 自分の人生は彼と共にあると思い込んでいた志穂さん。25歳を過ぎたころに、親から「結婚はしないの?」と聞かれたが、そのたびに「彼のプロポーズを待っているから」と繰り返し答えていたという。ところが状況が一変することが起こった。30歳を目前に、“彼のフィアンセ”と名乗る女性から連絡があったのだ。