《眞子さま年内結婚》

『読売新聞』が朝刊の一面トップでそう報じたのは、昨年9月1日だった。幸せな結婚に向けて思いを募らせてきた秋篠宮家の長女・眞子さんにとっては、小室圭さんとの“ゴール”の兆しが見えた記念すべき日ともいえるだろう。

 あれから、もうすぐ1年─。今度は次女・佳子さまの新しい“お相手”に大きな関心が寄せられている。

異議が出る交際ではない

「8月9日発売の『女性自身』が《本命恋人は両親公認エリート歯科医》と題して、佳子さまが七夕前夜に都内の歯科医院を訪問された様子を報じました。佳子さまはプライベートでの外出時に利用される白いワンボックスカーに乗られて、秋篠宮邸から車で45分ほどの距離にある同医院をご訪問。2時間半にわたって滞在し、夜9時ごろに辞去されたそうです」(皇室担当記者)

 60年以上続くという歯科医院の“3代目”院長とその夫人、2人の息子は全員“学習院出身”とのこと。

「院長夫妻と紀子さまは同級生で、その長男と佳子さまも同級生。つまり、2世代にわたる長いお付き合いをされているのです。特に紀子さまと夫人は大学の学部学科も同じで、親しい間柄だと伺っています」(学習院関係者)

 佳子さまの“お相手”と報じられた男性は、初等科から高等科まで学習院に通い、有名な私立大学の歯科学部を卒業。現在は別の大学の歯学部に通いながら、実家のクリニックの歯科医にも名を連ね、家業を手伝っている。

「初等科時代から始めたアイスホッケーは、高等科時代に東京都代表チームの主将として国体に出場したほどの腕前。成績優秀でスポーツ万能、お顔立ちも整っているといいます。“学習院一家”となればお家柄も安心できますし、まさに佳子さまにピッタリだと思います」(宮内庁OB)

 そんな男性の存在が明らかになると、ネット上では好意的な声が相次いだ。

《生活基盤が整った常識的な方であることは大変望ましい》
《出身校も同じで、本人も同級生で、親も顔見知りなら安心》

 皇室制度に詳しい静岡福祉大学の小田部雄次名誉教授も「両家のご両親、そして結婚するご本人同士が納得しているのであれば、内親王の結婚として異議が出る話ではない」との見解を示す。