短期連載(2)『女が離婚を決めた瞬間ーー』
優しい夫と描いた幸せな未来。ところが、待っていたのは浮気、育児放棄に振り回される生活に疲れ果てる現実だった。ママ友からも笑われて気がついた自分自身の「結婚」への気持ちーー。

「25歳のときに参加した合コンで、隣の席に座っていた男性が今の夫です。2歳上の営業マンで、九州男子特有の彫りの深い顔立ちで愛嬌もあり、場を盛り上げてくれたんです。誰に対しても分け隔てなく話しかける彼は、いかにも“モテるタイプ”。私などに目もくれないと思っていました

 こう語るのは元メーカー勤務の裕美さん(仮名・34歳)。ロングヘアで、はつらつとした雰囲気だが、結婚生活を語るうちに、苦渋に満ちた表情に変わっていった。

合コンの翌日に彼からLINEが届いたんです。私だけでなく全員に送っていたようでした。マメだなあ、寂しがり屋なんだろうなあ、というのが彼に対して感じた気持ちでした。それ以上でもそれ以下でもなかったんです」

 合コンから10日ぐらいたって、彼から「クライアントと打ち合わせで、あなたの会社の近くに来ています。終わってから、ご飯いかがですか」というLINEが来た。裕美さんはその誘い方を意外に感じたという。

“近くにいるから”なんて、マニュアルどおりのテクじゃないですか。はっきり言えばダサい。モテるタイプなら、こちらが断れないような誘い方をするんじゃないかって。でも文字どおりの、単純な理由かもしれないと思い直しました。なので“予定が入っていないからいいですよ”と応じたんです」

当初は「タイプではない」と思っていた

 待ち合わせのワインバルに着くと先に到着していた彼が待っていた。快活に迎えてくれる様子に好感を持ったが、心のどこかでタイプではないと好意を否定している自分がいたのだが……。

「彼は地元の福岡出身の芸人のものまねがとてもうまくて、ずっと笑いっぱなしでした。いつの間にか終電が近いことに気づいて慌てて店を出ましたね」

 駅に向かう途中、「美味しそうにご飯を食べて、しかも僕の話に笑いっぱなしの女性は今までいなかった。楽しく過ごせたよ。ありがとう」

 とお礼を言われた裕美さん。さらに「仕事のことで、いろいろあってね。おかげで気分が少し紛れた。また会ってくれる?」という誘いに、思わず「いいですよ」と答えてしまったという。