《お久しぶりです!フランスにおります!腰を据えて新しい生活、、、にはまだまだですが、ひとまずは無事到着しました!》

 8月29日、インスタグラムですでにフランスへと移り住んだことを報告した杏(36)。前日にはYouTubeで父親の渡辺謙(62)との料理動画を公開し、動画内でフランスに移住する予定を明かしたのだった。

渡辺さんが“1日1回は安否確認の連絡がほしい”と話すと、杏さんが“毎日はさあ……”と塩対応。普段ふたりが見せることのない父娘としての姿が反響を呼び、公開されて4日あまりで700万回以上の再生回数を記録しています」(スポーツ紙記者)

フランスの個性を伸ばすカリキュラム

娘と孫のフランス行きに、渡辺は「4割は心配で、6割はすごい楽しみ」と祖父として複雑な心境も明かした(公式YouTubeより)

 かねて、今夏の移住が噂されてきたが、フランスは杏にとって“青春の場所”だ。

「19歳からパリコレでモデルとして活躍するなど、フランスを訪れる機会が多かったんです。日本テレビ系の『アナザースカイ』に登場した際も“第2の故郷”としてパリを紹介していました。現地に友人も多くいて、“のびのび子育てできるフランスがうらやましい”なんて話していたとか」(同・スポーツ紙記者)

 杏には6歳の双子の娘と4歳の息子がいるが、新天地での子育てはどのようなものになるのだろうか。フランスの教育制度に詳しいライターの横川由理さんに話を聞いた。

フランスでは3歳から16歳までが義務教育となっており、公立であればその間の学費はかかりません。また、運動会などの団体で練習して行うような行事がなく、個性を伸ばすようなカリキュラムを設けている点が日本との大きな違いですね。幼いころから“個人”として尊重されるため、フランスは子どもが自由に育つ環境だと評価されているんです

 また、シングルマザーに対する価値観の違いも杏にとってはプラスに働く。

「子どもの親の婚姻関係が重要視されておらず、“ほかの人より苦労している”“かわいそう”などと同情の目で見られることもないので、精神的な負担を感じずに子育てができるでしょう」(横川さん)