Part1 年間100万ポイントを稼ぐ!ポイ活長者 菊地さんの貯まるテク7

 あらゆるポイントに精通し、“無理なく貯める”を実践している“ポイ活マスター”のポイ活ライフとは?

まずやっておくことポイ活の“キホン”

1. 貯まるカードに換えておく

 ○○ペイなどのキャッシュレスも多様化しているが、ポイ活目線で考えると、利用できる場所が多くポイントの“取りこぼし”が少ないクレジットカード払いがおすすめという菊地さん。

「対象店なら〇%還元というカードは、一見お得に見えますが、買い物の場所が限定されてしまって不便。どこで使っても1%以上ポイント還元のカードで、楽天ポイントやTポイントといった多様な店が加盟している“共通ポイントが貯まる”カードを選んでいます」

2. ポイントカードはアプリ化する

アプリに移行しておけば、ポイント数や有効期限も一目瞭然!
【画像】老後の必要額が一目でわかる計算表をチェック!

 ポイントカードはできる限りアプリ化している菊地さん。アプリならポイント数、ポイントの有効期限がすぐに確認でき、アプリ内でクーポンやセール情報などもゲットできるのでお得が多い。

「アプリを登録するだけでポイントがもらえる場合も。ただし、アプリは増えすぎるとスマホ内の整理が大変なので、『1か月に1回利用するかどうか』を目安にインストールするのがいいと思います」

3. 家族の買い物計画を把握して一括購入

「比較的大きな買い物やふるさと納税など、今すぐ必要でないものや金額の大きなものは、買いたいものを事前にリスト化し、ポイント〇倍デーといった、お得な日を逃さないようにしています。同時に、家族の買いたいものもリサーチ。欲しいときにおのおのが買うのではなく、1か月先くらいまで確認し、一番有効な“ポイ活日”を見極めてまとめ買いをします」

日々の中で実践!貯まるルーティン

4. ポイントは毎回使い切る

 貯まったポイントは、“すぐ使う”のが鉄則。使えるポイントが数ポイントでもあれば、会計時にすべて使うようにしている。

「貯め込んで1度に千ポイント使うのも、数ポイントずつ何百回に分けて千ポイント使うのも、結局使うポイント数は同じ。すぐ使っていけば有効期限切れになる心配がないので、むしろ確実にポイントの恩恵を受けられます」

5. 100円の買い物もキャッシュレスで

「国を挙げてキャッシュレス化を推進していることもあり、特に自治体関連はキャッシュレス決済に積極的に対応。例えば住民票の交付手数料から都営動物園など公共施設の利用料まで、キャッシュレスで支払えてポイントが貯められます。いかなる場面でもキャッシュレス決済を選択し、ポイントを取り逃さないクセづけが大事。コンビニの数百円の支払いでも徹底してクレジットカード払いに」

6. お金を使わずポイントを貯める

「今、日々の移動でポイントが貯まる“移動ポイント”アプリが増えていて、活用しています。『マイルズ』や『ANAポケット』などのアプリを、スマホにインストールしておくだけで簡単です」

 広告を見るだけでポイントがもらえる「楽天スーパーポイントスクリーン」や気になるワードを検索するだけでポイントが貯まる「楽天ウェブ検索」などでポイント稼ぎをするのも菊地さんの日課。

「1~2分の隙間時間で数ポイントが貯められるので、朝の習慣にしています」

7. ポイントサイトは必ず経由する

「ネットショッピングをするときは、必ず“ポイントサイト”と呼ばれるところを経由して買い物をし、もらえるポイント数をアップさせています」

 例えば、「大丸松坂屋オンラインストア」で買い物をする場合、「楽天Rebates」のサイトを経由して買い物をすると、1.大丸松坂屋のポイント、2.支払いに使ったクレジットカードのポイントに加え、3.楽天ポイントが買い物金額の2・5%もらえ、ポイントの3重取りが簡単にできる。

「クレジットカード会社系の『ポイントUPモール』『OkiDokiランド』、共通ポイント系の『Pontaポイントモール』や『Tモール』なども使いやすいですよ」